いんちきでさらにマクガフィン

by 丸太花道@乳軟部

13311-0559 ベリーA事件

■ベリーA
 ベーリーにマスカット・ハンブルグを交配して育成した生食・醸造用品種。

■キュヴェ
 原語はキューヴ(cuve)で発酵槽の意。発酵槽のまたは壜詰め前の出来上がつた葡萄酒。転じて特別な区画や特定の発酵槽の葡萄酒を、他のロットと差別化する際に用ゐられる。

 ところでベリーAで醸られた葡萄酒はあまり好みではなかつたのです。
 香りがやはらかく、渋みは抑へられ気味で、かろやかなくち当りは非常に呑み易いのだけれど、こちらが赤で歓ぶのがフルボディ…どつしりでしつかりなのだからどうにもならない。勿論それが惡いわけではなく、気分やお供に合はせればいいんである。ただ私は積極的に撰ぶ積りにはなれなかつた、とそんな事情を想像して頂くのが宜しいのではないかと思ふ。

 ここでなれなかつたと過去形で書くのには理由があつて、詰りそれが外題に附けたベリーA事件なのである。
 登場する銘柄は山梨ベリーA キュヴェ・ウエノ(2011年)  試したのは甲州勝沼はシャトー・メルシャンの見學後に訪れた有料試飲場兼レストランで、誇らしげに個人名を冠してゐたのは他に長野のピノ・ノワールを用ゐた一種しかなかつたから、實にめづらしく思はれ、それに素早く反応したのが同道の頴娃君であつた。

 「これア、ウエノさんが、葡萄の栽培から何から手掛けたさうで、ここ(即ち有料試飲場兼レストラン)のひとの元上司だつたんだ」

 さう云ひながら、試飲のグラスを持つて、見學の試飲で教はつたとほり、色を見て香りを聞いて、ゆつくりとくちに含み、驚いた顔をした。何だと思つて相伴に預かつて、私も驚いた。ベリーA独特のあまみは残つてゐるが、そこに(私が)赤に欠かせない(と思つてゐる)渋みがしつかり乗つてゐる。解り易く呑みやすいベリーAが、じつくり時間を掛けるに足る複雑な味はひに変化してゐて、花やかな少女が好もしい経験を重ねて陰翳のある魅惑的な女性になつたのを見るのは、人生で極めて稀な例外だと思ふが、キュヴェ・ウエノはグラスでそれを實感さしてくれた。壜を一本、買ひ求めたのは云ふまでもない。

 然し我われの推理はその時、まことに不完全であつた。
 その事に気附いたのは帰途の特急列車の中で、不意に晩夏の稲妻のやうに閃いたんです。
 「もしやキュヴェ・ウエノのウエノさんは、元工場長の上野さんではあるまいか」
 根拠はかうである。

 ・見學の担当者紹介に上野さんの名前と写真があつた事。
 ・その紹介に元工場長との記載があつた事。
 ・工場長まで勤め上げたひとなのだから、葡萄の栽培から壜詰めまで、すべての工程を熟知してゐるだらう事。
 ・そして有料試飲場兼レストランのひとの元上司であつた事。

 「おお。植野さんや上埜さんがメルシャンにゐたかゐるかの可能性は否定出来ないが」
 それは間違ひあるまい、と頴娃君が賛意を表してくれた。それで念の為に調べてみると、ありましたね、ありました。

山梨県甲州市勝沼町『シャトー・メルシャン』へ研修に行ってきました!

 と云ふのが。詳しい話はリンク先をご覧頂くとして、私は近年に無い非常な満足を覚えたね。上野元工場長には2009年のシャトー・メルシャン訪問時に案内してもらつた事があつて、(小聲で云ふと、第一印象はしよぼくれた親仁だつた)あのひとがこんなに美事な葡萄酒を醸り、かれの名がキュヴェと共にラベルに記されたのは…正確に云へばキュヴェ・ウエノのウエノは葡萄園に由来してゐる筈だが、さう云ふちいさな事柄に拘泥してはいけない…気附くのが遅れたとは云へ、大きな歓びとするに相応しい。キュヴェ・ウエノはその辺に流通出来る量ではないから、愉しみたければ勝沼に足を延ばす以外に方法は無く、然しそれだけの手間を掛けるだけの値うちがある。
[PR]
by vaxpops | 2013-12-03 21:00 | 飲食百景 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://zampablack.exblog.jp/tb/20056679
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 恥丘曲線 at 2013-12-16 00:10
タイトル : 勝沼氏
日本の葡萄酒は日本の葡萄で。 今年の甲州行で得られた新たな発見。 それが、マスカット・ベーリーA事件。 13311-0559 ベリーA事件... more
Commented by 輪音 at 2013-12-03 21:34 x
モノも人も見かけによらず。
Commented by vaxpops at 2013-12-04 19:31
輪音さん。

 まさにそのとほりです。
名前
URL
削除用パスワード