いんちきで、さらにマクガフィンだつた。

by 丸太花道@乳軟部

1378 リアルタイムの余韻

 この度のニューナンブ熱海行…クロスロード・G君と頴娃君と私…では新しい企画をふたつ、試した。
 ひとつにはデジタルカメラの画像で、テレヴィジョンに映し出して、大笑ひすると云ふもの。今回は我われがイエローキャブ方式(旧野田方式)と呼ぶ、自由行動からの合流のスタイルだつたから、お互ひ何処で何を撮つたか、よく解らない。だからああだかうだの感想と説明が交差して、そこが實に愉快であつた。フヰルムでも撮つて、ニューナンブ名物のプリント対決を実施したのは改めるまでもない。本当はここで、熱海平和通商店街近くのK堂の親爺の事も触れたいが、話がぐつと逸れるので、この稿では我慢する。

 もうひとつはお酒に絡む企画。原型はニューナンブのお酒マイスターの異名を恣ままにするS鰰氏の發案で実施した“お酒の持ち寄り”で、その時は
『集まつて、呑んで、解散』
だつたのを、改めて、それも泊りの場(ニューナンブではスーパーどんたくと呼ぶのだが)でやらかさうぢやあないか、と云ふわけである。更にスーパーどんたくでは“漢の一本(時々二本)”が不可欠で、不可欠なのだから当然それもある。但し無制限だと収拾がつかなくなるから五寸壜の絛件を附けた。解り辛いひとの為に云ふと、300ミリリットル壜を思へばいい。最初は純米の生に限らうとする意見があつたのだが、五寸壜でそれだと可成り厳しくなるので、頴娃君の裁定で
『うまい(または旨さうな)お酒』
で話が纏まつた。尤もうまいの基準は曖昧であるから博奕のやうな要素は色濃くのこる。
d0207559_2048771.jpg

d0207559_2048777.jpg

d0207559_2048764.jpg
 私が撰んだのは“立山”であつた。本醸造。ニューナンブは純米吟醸の生に大きな値うちを見出だしてゐるので、些か不安だつたし、そもそも呑んで撰んだわけではないから、どうか知らとも思つたのだが、醸造アルコールを含めて、何を使つたかが克明に記されてゐたから買つてみたのである。結論を先に云へば、さうさう惡いものではなかつた。宴席ではなく毎日の食卓に似合ふ感じで、クロスロード・G君や頴娃君からも厳しい意見が出なかつたのは幸ひに思ふ。
 クロスロード・G君が用意したのが“くどき上手”の純米吟醸で、これはまつたくのところ、素晴らしいお酒だつた。山形の銘柄でお酒に疎い私でも知つてゐるくらゐ…確かお酒のイヴェントで呑んだ。あれもうまかつたなあ…なのだが、こんなに旨かつたか知らと思つたほど舌に適つた。どんな風に手に入れたのか訊いてみたら
『だつて、アンテナショップがあるでせう』
さらつと返されて、一驚した。成る程さう云ふ方法があつたのか。参考にしなくちやあ。
 さう云ふ冒険または気遣ひに目を瞑つたのが頴娃君で、かれが用意したのは“松美酉 亮”の純米だつた。壜が眞澄(山花)だつたから画像は省略するが、如何にも頴娃君好みのずつしりした口当り。亮は以前に呑んだ事があつて、好ましい印象があつたのだが、この重さには驚いた。お酒の基本…かるくてあつさりしたのから、重くはつきりしたものへ…を忘れて、最初にこれだつたら、“立山”も“くどき上手”も霞んで仕舞つたかも知れない。正直なところ、この夜の私には濃く感ぜられたけれど、肴と時間を撰べばまつたく違ふ評価になつたのは疑ふ余地が無い。

 さて。“漢の一本”である。いや實は“漢の二本”だつたのだが、それで意図的にちがふ方向で撰んだ。詰りすつきりしてゐるだらう私の好みと、がつしりしてゐるにちがひない頴娃君好み。クロスロード・G君が謙虚に引いて呉れてさうなつた。
 その一本が“高砂”の中取りで。これは凄かつた。中取りが何かと思ふならご自身でお調べなさい。どちらかと云へばお酒はかろやかを好む私が凄いと思つた辺りから察して頂きたい。かう云ふのは意表を衝いた肴が似合ふもので、今回はクリーム・チーズにおびいこの組合せで、邪道なのだらうがこれが妙に似合つてゐたのだ。我われがすつかり平らげたのは云ふまでもなく、水(都合4リットル)と共に呑み干した。ニューナンブが空にしたお酒は合計で2,400ミリリットル。細かい計算は出来るが、そこは控へておく方がニューナンブの名誉であるでせう。
[PR]
by vaxpops | 2015-03-01 20:45 | ニューナンブ | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://zampablack.exblog.jp/tb/21597136
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 恥丘曲線 at 2015-03-01 22:08
タイトル : 臥龍鳳雛
1378 リアルタイムの余韻... more
Commented by 輪音 at 2015-03-01 23:00 x
そうですネー。

仮にわたしが持ち寄るとしたら、奈良、近江、伊賀、香川、佐賀、沖縄辺りの特別純米を持ち込みたいデース。

立山とはまた渋いですネー。

千葉とか栃木とか神奈川辺りのお酒も面白いものがありマース。

全国約一五〇〇の造り酒屋から撰ぶのって愉しいですネー。

日本酒だけで二四〇〇ミリリットルですカー。

麦酒や焼酎を含めるとどれくらいになったんですカネー。

オー、我らの北の國のお酒もおいしいデース。

彗星酵母万歳!

Commented by vaxpops at 2015-03-02 12:17
輪音さん。

 麦酒は少々。
 焼酎はゼロ。
 だつたので、ほぼお酒に満たされた酒席でした。

 近畿から北陸はお酒に恵まれた土地柄ですね。
 北國…東北から北上する場所もまた。

 妄想宴会もまた、痛快にちがひありません。
 私ならきつと(以下省略)
名前
URL
削除用パスワード