いんちきで、さらにマクガフィンだつた。

by 丸太花道@乳軟部

沈黙と饒舌

 ある寫眞が一枚あるとする。その一枚の寫眞を見るひとがゐるとする。その一枚の寫眞と見たひとの間に何かしらの…肯定的否定的はこの際問はないとして、何かしらの反応があつたとする。寫眞が表現(もつと大きく云へば藝術)になるとすればこの瞬間或はこの瞬間しかないのであつて、音樂でも絵画でも彫刻でも映画でもその辺りの事情は変らない。勿論不肖丸太が弄する文章だつて例外ではなく、無人の平原に打ち捨てられたオデュッセイアに何の値うちがあるだらう。

 簡単に云ふとそれ、表現乃至藝術は作り手と観る(聴く)側の共犯でしか成り立たない。

 さういふ視点に立つと、作り手は表に出して終り、後は共犯者の登場を待つのがあらまほしい態度となるのは改めるまでもなく、少なくとも文章に関しては詩を例外にすれば誤りではないと思はれる。このウェブログで云へば高校を卒業したくらゐの、詰り平均的な讀解力があれば理解出來る(厭み半分につけ加へると、歴史的仮名遣ひだから讀みにくいとは云はせない。高校卒業くらゐの讀解力があれば、普通の口語文と変らないし、もし本気でさう思はれるなら、それは現代日本語を理解する能力が致命的に欠如してゐると断定してほぼ間違ひない)から、意図的にさうされない限り、誤解曲解される心配はない。誤解曲解されたとすれば、讀者のおつむが余りにもアレだつたといふ極端な例外を除けば、さうされる程度の文章しか書けなかつた丸太が惡いんである。

 では寫眞ならどうかといへば、必ずしも作り手の要因と云ひきるのが六づかしい。解釈の余地が文章…散文より遥かに広いからで、抽象性が高いと云ひかへても宜しからう。
 抽象性の良し惡しでなく、それが受け手の解釈の幅を広げ(得)るといふ話である。
 さてそれでも作り手は沈黙を"守る"のがあらまほしい態度だらうか。我が親愛なる讀者諸嬢諸氏よ、閑でひまで何もすることのない午后に考へてもらひたい。それで考へたことを教へてもらひたい。讀者諸嬢諸氏の見方がどうなのか、非常に興味がある。序でながら、些かなげやりなことをご容赦賜りたい。
 この辺りまでが前置きで、私は寫眞に関する限り、表に出した後
「いやその寫眞はね」
と話をする…後出しをするのにまつたく抵抗を感じない。[いんちきばさら]で寫眞を上げつつ、その説明に終始することは殆どない筈だが、それは意味がないどころか、無駄だと思つてゐるからに過ぎず、隙があればあんなことを考へこんな狙ひだつたと、それがうまく運んだか失敗に終つたかと話をしたい。
d0207559_7104317.jpg
 こんな風に書けばきつと
「それは狡い。寫眞だつて(文章と同じく)表に出したら沈黙を守り、受け手の解釈に任せるのが正しい態度だ」
と批判されさうだが、私の場合(我が親愛なる讀者諸嬢諸氏とは異なる立場)、文章が表藝、寫眞は余技で、余技であるからそこに表現だの藝術だのの意識または気分はない。有り体に云へば遊びであつて、不眞面目と非難されるのはこまる。遊びなのだから眞面目に取り組むのは当然で、その遊びについて饒舌になる、ならうとする、なつて仕舞ふのは非難される態度だらうか。

 何も云はない。沈黙を守り續けることで受け手の解釈を広げ、豊かな"共犯関係"を結ばうとするのは勿論ひとつの手法。私はそれを否定する者ではない。それと相反する方法があつたつてかまはないし、相反する方法が"共犯関係"を拒むかといへば、それはまた別の話ではないかと思ふだけのことで、讀者諸嬢諸氏は如何お考へだらう。
 たとへば今回の画像は何かの意図があつたわけでなく、仮にあつたとすれば、余りにも捻りのない宣伝文句に苦笑ひが浮んだくらゐしか思ひ出せない。それをトリミングしてモノクロに変換して周辺減光をかけただけである。さうすると何となく勿体振つた雰囲気になつたのだが、かういふ画像を使ふなら、饒舌を添へなければ成り立ちさうにない。ある寫眞が一枚あるとして、その一枚の寫眞でどんな風に"共犯関係"を結ぶかには色々な手法があつて、その云ひ訳も色々とあつて、私の立場からそれを書いてみた。

[PR]
by vaxpops | 2017-02-14 07:15 | 徒然諸々 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://zampablack.exblog.jp/tb/23859157
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by クロスロード at 2017-02-16 11:02 x
私はあらゆる考え方を肯定したいと思いますよ。写真にタイトルをあえて付けない(いわゆる、無題)のも、説明を付けるのもありかと。いづれにしても思うままに表現して、期待する結果が得られば良いのではないでしょうか!
Commented by vaxpops at 2017-02-18 09:14
"ダルタニアン" G君。

 考へ方…方法や手法は色々あつて、それらはアリです。
 アリですが、好もしいまたは適切であらう方法は限られるとも思はれるので、あらゆるそれらを肯定するのは危ふいのではないかとも思ひます。

 ニューナンブ≒マスケティアズでも、様々を模索しなくてはなりますまい。
Commented by クロスロード at 2017-02-19 16:13 x
言葉足らずで誤解を招いたかも知れませんが、公序良俗に反しない限りです。はい。では、今週末に。
Commented by vaxpops at 2017-02-19 17:05
"ダルタニアン" G君。

 流石に公序良俗は尊重しなくてはならんです。
 そこを意図的に崩す手法を否定する積りはありませんが、相当に工夫を凝らさないと、ただの下品に堕して仕舞ひますね。

 来場、お待ち申してをりますよ。
名前
URL
削除用パスワード