いんちきで、さらにマクガフィンだつた。

by 丸太花道@乳軟部

簡便で旨いアレ

 気温が高くなつてくると食慾が失せるのは例年のとほりで、そろそろ素麺や冷し中華の類が主食になる。我が親愛なる讀者諸嬢諸氏に
「丸太だつたら麦酒もだらう」
と訊かれるかも知れないが、そつちは年中欠かさないし、麦酒をもつて食事にするのは流石に私でも六づかしい。

 ここで余談。尊敬する内田百閒曰く、麦酒は冬に呑む方が味が締つてうまいらしい。本当かどうか確かめたいと思ふ瞬間は年に何度かあつて、どうやれば比較出來るのか。丸太程度の舌なら、そこそこ丁寧に注がれてゐれば、夏も冬もなく旨く感じるから、気にしなくてもかまひやしないだらう。余談ここまで。

 併し冷たい麺を啜りたければ、その前に茹でねばならない。面倒である。水で締めもせねばならず、矢張り面倒である。そんなくらゐ、面倒でも何でもないと感じるの方が寧ろ当然で、詰り不精者なのです、私は。水と独り身は低きに流れる。それで最近はもつぱら、豆腐に登場を願ふ機会が増えてきてゐる。かういふ書き方は豆腐に不本意だらうと推察する。申し訳ない。

 申し訳なくは思ふけれど、あんなに簡便な(それで旨い)食べものも中々見当らない。青葱の小口切りと生姜と醤油で基本は大完成する。生姜の代りに茗荷もいい。削り節もいい。醤油でなくぽん酢や辣油でもまた宜しい。天かすをたつぷり乗せ、山葵を隠しためんつゆでやつつけるのも旨い(たぬき奴と呼ぶさうだね。最近知つた)し、大根おろしを奢るのもよい。この場合、他にも色みがないと些か寂しいか。或はセロリや大葉や胡瓜やキヤベツと一緒にサラド仕立て…ぽんで酢で十分うまいと思ふけれど、贅沢が許されるなら梅酢を使ひたい…にすれば、ちよつとしたおかずにもなる。火を使はずにこれだけ出來るんだから、こんなに嬉しい話はないやね。

d0207559_8102336.jpg
 火を我慢出來るくらゐの余裕があればささ身をうがいたのを加へるのも旨い。この場合、ささ身には棒々鶏のやうな濃いめの味噌を使ふのがよささうに思ふ。それだけだとしつこいと思はれる方は、柑橘の皮をひとへぎ、添へれば、口当りがさはやかになるのではないか知ら。
 温奴といふのもある。温奴は豆腐をゆるく温め、同じく温かいたれと紅葉おろしと刻み葱に針生姜を添へてやつつける。湯豆腐のやうに熱くしないのがどうもこつらしく、温かいのからひんやりしたところまで、微妙に変化するのがよい。冷たいもの計りでお腹が冷えさうな時に恰好の食べ方だと思はれる。豆腐を熱く仕立てるなら、紅葉おろしでなく、大根おろしをたつぷり用意するのが好もしからうな。
 も少し手間を掛けてよければ、種なしの味噌汁を用意して、冷しておかう。心もちうすめにしておけば、宿酔ひの朝にまつたく嬉しいお椀になるが、やや濃いめに仕立てて、豆腐に青葱と茗荷と胡麻をあしらへば今度は肴になる。凝れるひとは宮崎や宇和島に倣つて冷や汁風にしてもいいでせう。あんなに夏向きの汁ものはなくつて、暑い季節には暑い地域の食べものを、といふのは世界に散在する数少ない眞實のひとつなんです。

 ところで我が親愛なる讀者諸嬢諸氏よ。それぞれのご家庭に旨い豆腐の食べ方がきつとあつて、貴女がきつとそれをにこにこしながら食べてゐるだらうと既に予測は出來てゐる。そこで私が何を申し上げたいかはご想像のとほりなので、ええ、その辺りをひとつ、宜しくお願ひしますよ。

[PR]
by vaxpops | 2017-05-22 08:15 | 飲食百景 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://zampablack.exblog.jp/tb/24213627
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by stonefree_01 at 2017-05-23 19:21
絹ごしにごま油と醤油。ともにほんのり程度。味付けはほどほどに、大豆そのもの、素材を楽しむ。
ただ、同じ大豆からの加工食品の納豆にくらぶれば、お豆腐は譲らざるを得ない点があるのね。
・ナットウキナーゼ
納豆にあって豆腐にないものの代表的なものにナットウキナーゼがありますね。納豆のネバネバの部分に含まれているたんぱく質分解酵素のことです。このナットウキナーゼには血栓を溶解する作用があり、高血圧や動脈硬化といった生活習慣病の予防に効果が期待できるといわれています。
・納豆菌
納豆の製造に利用される枯草菌の一種です。納豆菌には高い整腸作用があり腸の善玉菌を増やし腸内環境を綺麗にしてくれる効果があります。
・栄養価はどっちが高い?
栄養価の高さでいえば豆腐よりも納豆のほうが上です。その分高カロリーではありますが。その理由は製造過程を知ればはっきりします。
豆腐というのは大豆の搾り汁からつくったものなのに対して、納豆というのは大豆そのものを納豆菌で発酵させたものですから大豆の栄養がまるまる詰まっています。特に、たんぱく質は実に3倍。また、豆腐にすればほとんどなくなってしまう食物繊維も納豆には豊富に含まれています。
Commented by lagoonchii at 2017-05-24 00:14
料理好きとしては、書くのはやめようと思っていたのですが。

スーパーに並んでいる豆腐のうち、数十円高額のやつを買ってしまった日。
ピリッと包装を剥いだだけで、器にもうつさず軽く水を切り、少しだけ岩塩をガリガリ舞わせ、酒の合間にそのままスプーンで削り取りながら。
Commented by vaxpops at 2017-05-25 07:22
頴娃君。

 醤油に胡麻油の組合せは試したことがないなあ。
 一ぺん、やつつけてみませう。

 後半、熱心に書いてをられますが、私にとつてあれは、匂ひがきつく、おいしいとは思へないものなんですよねえ。
 そつちを撰ぶなら、豆腐とおから(と内田百閒を気取るならシャムパン)を用意したく思ふのです。
Commented by vaxpops at 2017-05-25 07:27
lagoonchiiさん。

 何の、なんの。
 きつと岩塩撰びがたいへんなのでせう。
 といふより、岩塩だけで食せる豆腐となると、可也り贅沢にちがひなく、そこから逆算するに、普段召し上がつてをられる豆腐の出來のよさが想像されもします。
 lagoonchiiさん推奨の一丁で湯豆腐をやつつけてみたいものです。
名前
URL
削除用パスワード