いんちきで、さらにマクガフィンだつた。

by 丸太花道@乳軟部

<   2013年 01月 ( 33 )   > この月の画像一覧

13033-0181 深夜バスから

 普段、車に乗らないので、かう云ふ光景が珍しくてたまらない。

d0207559_1901448.jpg


 談合坂サーヴィス・エリア、霧の夜。
[PR]
by vaxpops | 2013-01-31 19:00 | ニューナンブ | Trackback | Comments(0)

13032-0180 ネイミング

 たれが思ひついたかは知らないが。

d0207559_15122345.jpg


 『メロンパン』と最初に名付けてひと…きつとパン屋さんなのだらうが…には、天才的な閃きがあつたにちがひない。
[PR]
by vaxpops | 2013-01-30 23:00 | 番外携帯 | Trackback | Comments(0)

13031-0179 濁り酒

 どぶろくとも云ひますな。

d0207559_19163536.jpg


 清酒より一段ひくく見られるのは響きの所為か、

 ごく粗雑に云へば、濾過するまへのお酒で、醗酵が続いてゐる分くせはあるが、肴を撰べば、こんなに素敵な一ぱいも中々見付からない。

 注意すべきは『醗酵が続いてゐる』事で、ゆゑに買ツタ開ケタ呑ンダ干シタでなくてはならぬ。
[PR]
by vaxpops | 2013-01-29 19:30 | 番外携帯 | Trackback | Comments(0)

13030-0178 云ひ方と見方

 季節外れと云ふと、何やら消極的なので、やめておきませう。

 季節を画像だけでも早めてゐる―ね、この方が前向きでいいぢやありませんか。

d0207559_21342771.jpg


 2006年4月、青梅にて。

 …先取りどころか、ものすごい過去の画像であつても。
[PR]
by vaxpops | 2013-01-28 21:30 | ニューナンブ | Trackback | Comments(0)

13029-0177 今は無き店の肴

 好きなお店、それも顔を覚えられた、そこそこ廉価で中々うまいお店がある日不意に無くなつて仕舞ふのは残念ながら時折ある事で、実に困惑させられる。

 さうなると新しい気に入りを捜さねばならないが、こちらはもう老人なので、ご新規の一見さんからまた始めなくちやならないのは、面倒以外の何ものでもない。

d0207559_19581694.jpg


d0207559_195934100.jpg


d0207559_1955383.jpg


 その今は無くなつた呑み屋で、私が特に好んでゐたメニュ。

 カウンタ越しに大将を揶揄ひながら呑むのは、夕刻のちよつとした愉しみであつた。
[PR]
by vaxpops | 2013-01-27 20:00 | 徒然諸々 | Trackback | Comments(0)

13028-0176 ヰスキィ

 "ヰスキィ"と云ふ表記は内田百閒の真似なので、念の為。

d0207559_12111422.jpg


 一升瓶に入れられたヰスキィを見たのは、生れて初めての事だつた。
[PR]
by vaxpops | 2013-01-26 23:00 | 番外携帯 | Trackback | Comments(0)

13027-0175 かけ蕎麦

 ここ最近、かけ蕎麦がうまい、と思はれてならない。

 長寿庵。
d0207559_2331279.jpg


 富士そば。
d0207559_2331370.jpg


 梅もと。
d0207559_2331363.jpg


 どれが私のくちに適つたか、

 我が親愛なる読者緒嬢諸氏よ、想像してみ玉へ。
[PR]
by vaxpops | 2013-01-25 23:30 | 番外携帯 | Trackback | Comments(0)

13026-0174 ザッツ ’80

『AFTER5Crash』
 角松敏生

 計算すると1980年代と云ふ時代が実に30年まへだと解つて、些か愕然としてゐる。
 記憶は実にいい加減なもので、1990年代は「それなりに以前」と理解出来るのに、1980年代はつい最近と思つて仕舞ふ。をかしいよと云はれても、それがこちらの時代に対する感覚なのだから、諦めてもらふより他は無い。

 今にして考へると、1980年代は日本の"流行歌"が"ポップス"に変はつた…或は辿り着いた時期ぢやなかつたらうか。厳密な考証の結果ではなく、そんな気がすると云ふだけの話だから、突つ込んでもらつちやあこまるのだけれど。

 優れた音楽は時間を飛び越えるちからを持つてゐるのは正しいが、優れた音楽には必ずその時代の気配が濃密に染み込んでゐる。嘘だと思ふなら、今もなほ聴き続けられてゐるもつとふるい時代の唄を聴いてみ玉へ。ある時代が求める曖昧なナニゴトかを捉へた唄だけが生き残つてゐる、と直ぐに解るでせうから。

 さう思ひながら聴くと、1980年代を象徴的に示すのは、サザンオールスターズでも山下達郎でも白井貴子でもアン・ルイスでもなく、角松敏生以外に見当らないんではないだらうか。

 「Tokyo Tower」??
 「STILL I'M IN LOVE WITH YOU」??
 「Girl In The BOX」??
 「No End Summer」??

 挙げだすときりがないかれの佳曲の中で、最も1980年代的な、の條件に最も相応しいのが、この「AFTER5Crash」―と決め付けると、熱心なファンから叱られさうだが、花やかで豪奢で軽薄で、今が今であつた空気を存分に呼吸しながら、斜に構へてどこかシニカルな。
 さう云ふ唄がザッツ ’80だとするなら、「AFTER5Crash」と敢て付け加へれば「Missブランニューデイ」(サザンオールスターズ)ほどその筆頭に似つかはしい曲は無いと思はれる。
[PR]
by vaxpops | 2013-01-24 20:00 | 本映聴観 | Trackback | Comments(0)
 薬を服む習慣が殆ど無い。

 自分の躰の弱さにはをさない頃から変な信仰があつて、だから―と云ふとをかしな話になるかも知れないが、薬を常用するのは躰を薬に馴らす事でもあるから、薬は出来るだけ用ゐない。

 それでも躰調の崩れる時があるのは当然の話で、そんな場合はやむ事を得ないとして、然し薬を服むには何かおなかに入れねばならない。
 やわらかく炊いた饂飩とかおかゆとか、本来ならばさう云ふのが好もしいのは理解してゐるが、ぐつたりしてゐるのだからお鍋に火をかけるのすら面倒で、そんな時に便利なのがチョコレイトなんである。

 凝つたものは要らない…と云ふより、凝つたチョコレイトは寧ろ迷惑で、ごくありきたりのミルク・チョコレイトがいい。
 常温のスポーツ・ドリンクを添へて。
 これでひと晩たつぷり眠り込むと、大体の場合はやむ事を得ないところまで進む前に、何とか調子が戻つてくる。

 さう云へばサヴァラン教授の本に、チョコレイトの効能を一種の医薬品のやうに説いた一節があつたのではないかと思ふ。
[PR]
by vaxpops | 2013-01-23 19:30 | 徒然諸々 | Trackback | Comments(0)

13024-0172 ぽつりと

 蛇口。

 忘れられたやうな。

d0207559_172030100.jpg


 不意にこれは、自分だと思つた。
[PR]
by vaxpops | 2013-01-22 17:00 | ニューナンブ | Trackback | Comments(0)