いんちきでさらにマクガフィン

by 丸太花道@乳軟部

<   2013年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

13260-0408 その前の段階を

 『カレーうどん=プロレス説』と云ふのを書かうと思つてゐる。
 思つてゐるだけで、まだ纏まつてはゐない。

 普段は(大体のところにしても)纏まつてから書くのだけれど、今回はその前の段階…詰りメモを公にしてみれば面白いんではないかと考へたので、実施してみる。

 まあ詰らなくてもそれは所詮"メモ"なのだからと云ひ訳も出来る事だし。

・餃子の王将=(全盛期の)新日本プロレス説

・齋藤緑雨のコロツケツト蕎麦への皮肉。

・うどん料理か、カレー料理か??

・格闘技か、演劇か??

・似てゐると思へなくもない:相撲、(日本風の)ナポリタン・スパゲッティ

・何と比較する…或は出来るのか、すればいいのか??

・独立

・孤高

・ヘンタイ

 けふこの時点でのメモ(手書き)はこんなところになる。

 こんなところと云つてみたが、どんな風に纏めれば一本の話になるのか、今のところさつぱり見当がつかない。

 たれかが綺麗に纏めて呉れればと思はなくもないが、もしさうなつて、私が書くより面白かつたらそれはそれで悔しい。
[PR]
by vaxpops | 2013-07-31 20:30 | 徒然諸々 | Trackback | Comments(4)
三十四十は

齢ならず

d0207559_0254490.jpg


酔ひの具合の

数と思へば
[PR]
by vaxpops | 2013-07-27 00:25 | 企画万巻 | Trackback | Comments(2)
 かう云ふ付出しを出してくるお店は、危険なのだと。

d0207559_23115599.jpg


 私の経験が、さう云つてゐる。
[PR]
by vaxpops | 2013-07-26 23:11 | 企画万巻 | Trackback | Comments(0)
 串ものには野蛮な快感がある。

d0207559_2028639.jpg


 多分、"骨付き肉"をかぢつてゐた原始人の気分なのではないかと、私はすすどく睨んでゐる。
[PR]
by vaxpops | 2013-07-26 20:28 | 企画万巻 | Trackback | Comments(4)
 周辺は親仁の集ふ安呑み屋(中々旨い店有)

d0207559_10332385.jpg


 最早感動的と呼びたくなる不調和具合。
[PR]
by vaxpops | 2013-07-25 10:33 | 企画万巻 | Trackback | Comments(0)
 正味の話のただのお豆腐。

d0207559_20473536.jpg


 ただと云つても近所のマーケットで四拾九圓だつた。
[PR]
by vaxpops | 2013-07-24 20:47 | 企画万巻 | Trackback | Comments(0)
 台湾蝶々の画像フォルダに發見。

d0207559_18345586.jpg


 確かめてみたら、十日計りまへに独り呑みを決めた時の肴で、がつのぬたですな、これは。

 葱と若布が臓物のアレを巧妙に隠してゐるところが、また中々宜しかつた。
[PR]
by vaxpops | 2013-07-21 18:34 | 企画万巻 | Trackback | Comments(0)

13253-0401 忘れられてゐる

 ニューナンブの大幹部であり、我が酔つ払ひ仲間でもあるところの頴娃君が、自身のウェブログで『池袋最強』と云ふ記事を書いてゐて、かれは常に題名と中身が丸でちがふので、そこは用心しなくてはならず、序でに云へば池袋は私がどうしても好きになれない町である。

 それはさうと我が頴娃君が俎上に上げてゐるのはこれである。

日本酒業界で論争 「吟醸」「精米歩合」記載すべき?

 全文はリンク先を讀めばいいとして、元記事で云ふ"データ派"と"直感派"の意見は抜粋しておかう。

①(前略)日本酒は、スペック(仕様)でその正体がある程度わかる。つまり米の品種や精米歩合、日本酒度、粕歩合などで、だいたいの原価を知ることができます。それをもとに消費者は価格が妥当かどうかを判断することができる(後略)

②精米歩合を、科学的に分析して証明することは不可能に近い。だからこそ(中略)精米歩合を示さないと消費者をごまかすことにならないか。(中略)良い米を使い、きちっと造っている真面目な造り手ならば21世紀も生き残るはず。消費者目線で考えないと、日本酒全体のマイナスになります。

③(前略)銘柄選びは『おまかせで』がほとんど。これが日本酒本来の楽しみ方で、業界はデータにとらわれすぎている。(中略)安いほうがおいしい場合だってある。こちらが『おいしいから、とりあえず飲んで』と差し出し、お客さんが『あ、うまいね』と応じる。本当においしい酒に、言葉はいらないです。

④(前略)『強力(ごうりき)』という酒を飲んだ際、強烈なコクと味の幅を感じました。精米歩合80%(20%を削る)と磨いていないのに。(中略)脂肪分とたんばく質が少ない米を作っているからといい、精米歩合55%(45%を削る)ほどと一緒になるという(後略)

 ①②は"データ派"の、③④は"直感派"の意見で、どちらにもつよい違和感がある。その違和感は分析するまでもなく
吟醸その他の"特定名称"や精米歩合と云つた表記と、くちに適ふあはないと云ふきはめて主観的な基準がごちや混ぜにされて
ゐるからだ。【13168-0316 本醸造】で書いた通り、工夫を凝らして醸られたお酒であれば純米や吟醸と云つた看板に限らず(博打の要素は強くなるとしても)うまいもので、その点を注視すれば"直感派"の意見に分がありさうだが、未知の一本を撰ばうとする時、直感だけに頼るわけにはゆかない。信頼に足る酒屋の親仁や藏を知つてゐれば話は違はうが、そんな幸運に恵まれてゐるひとは少数に属するだらう。
 さうなると"データ派"の方に気持ちが傾きさうになるが、米の銘柄や精米の度合、或は用ゐた水が解つたからと云つて、それはただそれだけの事に過ぎない。どこそこの蕎麦の実を使つて、鰹節はどこが産地で、どんな水と醤油を使つたのが解つても、そのもり蕎麦が旨いかどうかとは直接関係は無いし、無いと解つてゐても花やかな能書きがあればどうしてもそちらに気分が引き摺られるもので、それで旨いと思つても何となく誤魔化された感じは免れない。ガイドブックを片手に行つたレストランの葡萄酒みたいなものか。

 ここまで書くと、そんならどうすりやあ、いいんだ、と云はれさうで、きつとその口調には多少の憤慨が含まれてもゐさうで、さうなつたらこちらも半ば不貞腐れつつ
「旨いかまづいかなんて、呑んで自分で決めなさいよ」
なんて切返すだらう。意地惡な氣分の夜なら、間違つてゐますか、くらゐ付け加へるかも知れない。こんな奴とは呑みたくないねえ。―と呟くのはここまでにして、然し我われは一ぺん、翻らねばならない。それは
未知の一ぱいをやつつけるか否かの判断には、"データ"根拠だらうが"直感"根拠だらうが、何かしらの目安が必要
だと云ふ点で、この場合の目安は切欠と呼び替へてもいい。ちよいと一ぱい、試してみるか(或はこの一本を購つてみるか)と思ふにはさう思はせる要素が必要で、"データ"なり"直感"なりはさう云ふ要素に成り得る。それがあなたのくちに適へば、その色あひ、香り、口当り、舌触り、咽喉越し、残り香…詰り味はひが、或はその銘柄、藏元、米や水があなたの"うまい基準"になるわけだ。とまあここまで言葉を費やせば、私が"データ派"の①②も"直感派"の③④も"目安と基準をごちやにしてゐる"と云ふところに、ニューナンブの大幹部であり、我が酔つ払ひ仲間でもあるところの頴娃君にも説得力を感じてもらへるんではないかと思ふ。

 まあそれより、お酒を話題にする際、縷々肴が忘れられてゐる現状が何より私には気に喰はない。お酒を何層倍にも旨くするのは(時に絶望的にさしても呉れるんだが)肴なんだと云ふ点は、"データ派"だらうが"直感派"だらうが、もつと重視してもらひたい。
[PR]
by vaxpops | 2013-07-18 18:00 | 徒然諸々 | Trackback | Comments(6)
 初回から試合は動いた。
 先頭の丸がすこーんと出塁したのを皮切りに、三番・キラのツーラン・ホームランでカープが先制すると、その裏、ベイスターズも荒波が塁に出た機会を逃さない。
 「これは」
 「いかん」
 我われは勿論ベイスターズを応援してゐるのだから、これはいかんと呟いたのは試合の方ではない。麦酒のカップが既に空となつてゐたわけで、早くも大聲を出したい空気の中で麦酒が無いのはこまる。
 幸ひサッポロの賣り子さんと目があつたので、素早く来てもらふ。健康的に日灼けしたお姉さんで、手際よく黒ラベルを注ぎながら、ちらちらとフィールドに視線を送りつつ
「最惡でも一点は返しておきたいですよねえ」
「さうだね、出来れば同点に持つていきたいねえ」
賣り子さんもベイスターズを応援してゐるのか、我われの贔屓心を察しての事か。カップを手渡しながら彼女は大きく笑つた。きつといい娘さんにちがひない。

 ところで入場前に私が買つてゐたのは横濱名物・崎陽軒のシウマイ弁当(七百五十円)で、崎陽軒が横濱の名物なのは疑ひの余地は無いとして、崎陽は長崎の別名だから、ユモアを感じなくもない。長崎には行つた事が無いから、焼売がうまいのかどうか、非常に気になるところではある。
 シウマイが五つ。
 唐揚げ、蒲鉾(一切れ)、照焼き。
 細かく刻んだ筍をややあまく煮付けたのがたつぷり。
 ざつと見渡して、シウマイひとつと少々の筍で先にご飯を平らげ、"無かつた事"にした。崎陽軒謹製"麦酒の肴セット"の出来上りである。
 細々しいおかずの味付けは全体にややあまめの傾向。それだけでは感心出来ないけれど、辛子醤油でやつつけるシウマイが際立つやうに工夫してゐるのだ。やるねえ、横濱名物の異名は伊達ではないよ。などと考へ、つまみ、呑んでゐるうちにも試合は進むもので、ベイスターズは一回の裏、きつちり追ひつき(黒ラベルの賣り子さんも喜んだ事だらう)、二回の表、きつちりカープに勝ち越され(黒ラベルの賣り子さんはがつかりしたにちがひない)、その裏に一点を返した。スタンドも暑いが、グラウンドの熱くさも負けてゐない。

 「こいつあ」
 「エエなあ」
 緊迫した投手戰もいいものだが、ベイスターズには似合はない。平松や斉藤や佐々木や三浦やスーパーカートリオには申し訳ないが、ぽかぽか派手にかツ飛ばすのがこのチームらしいところで(これぢやあ古葉さんはしンどかツたやろなア)、序盤の流れだと今夜はそれが期待出来さうである。こいつあエエと呟いたのは、その期待をそれ以上語り合ふゆとりがなかつたからで、勿論試合は動いてゐるし、不思議な事には呑み乾した筈のない麦酒のカップが空にもなつてゐる。
 「奇妙な事もあるものぢやあないか貴君」
 「いや貴君、先刻旨さうに呑み乾してゐたよ」
 と切返した頴娃君のカップも空になつてゐて、その時我われは同時にヱビスの賣り子さんの姿を視線に収めた。
 「やや。もしや彼女は」
 「さうだよ、【13236-0384 ぶらナンブ横濱を行く】の、"先づはヱビスから。罐麦酒一本分で五百五十円也"の賣り子さんに相違ない」
 ふたたび同時に大きく手を振つた我われを確認した瞬間、光に等しい速さでスタンドを駆け上がつてきたヱビスの賣り子さんを間近で見て、視認が正しかつたと解つた。嬉しいねえ。再会を喜び合ひたいところだつたが、残念な事に彼女は仕事中である。

 念の為に云ふとこの間も試合は進んでゐる。
 四字熟語で云へば一進一退。
 ベイスターズの先発を任された高崎が今ひとつぴりツとしないままマウンドを降りたのは残念だつたが(矢張り先発が試合を締めないとね)、お蔭でぐづぐづにならずにも済んだのは幸ひで、中盤の大逆襲はこの投手交代で約束されたと私としては云ひたい。それがどんな様子だつたかは

ベイスターズ対カープ(ハイライト)

辺りで大体掴んでもらへる筈で、ベイスターズ…ホエールズの時代まで遡つてもいいと思ふんだが…に似合ひの派手で莫迦ばかしくつて賑やかな展開で、具体的に描写をしてもいいんだけれど、さうしても多分詰らない。なのだがひとつだけ、ベイスターズ石川が前進守備の左翼を大きく抜き放つた三塁打の鮮やかと痛快は特筆大書しておきたい。
 打球が高く遠く伸びて転々と外野を抜ける。
 塁上の走者がホームに戻る中、打者走者は一塁から二塁を躊躇ふ事無く駆け抜け、三塁を陥れる。
 スタンドは打球と同時に舞ひ上り、うおあああああと叫び、或は行け行け行け行けとタオルを振廻し、石川が三塁上にすつくと立つたのを見て再びみたびよたび、両腕をあげて美事な長打を褒め讃へた。大歓声は夕刻の熱気を吹き払ひ、そして野球の熱風をスタヂアムに呼び込んでくる。
 私は昂奮してゐる。頴娃君も昂奮してゐる。いつの間にか持つてゐるカップがかるくなつてゐる。麦酒が無くなつてゐる。試合に集中してゐたのに不思議な現象もあるもので、底が抜けてゐるのかと確かめてみたがそんな事は無く、隣をちらと見たら相棒もこまつたやうな顔をしてゐて、どうやらこの奇怪な現象はかれのカップにも發生してゐるらしい。然しかう云ふ時に目敏いのが頴娃君の美点で
「やや。もしや彼女は」
「ヱビスの姫ぢやあないか」
空のカップを眺めて呆然とせずに済んだのだから、ヱビスの賣り子さんがヱビス姫になるのは寧ろ当然の話だと思ふ。

 ここからはもう一気一気で長打が乱れ飛ぶ。
 両チーム…特にカープの投手陣には気の毒と云ふ他は無いんだが、プロの野球は何よりアマチュアでは絶対に無理な豪放さ具合が嬉しいのだから、いやそれとは対照的な緻密も魅力であるのは解つてゐるけれど、ベイスターズにそれを求めるのは、ジャイアンツに紳士を求めるのと同じくらゐの無理があるわけで、詰りこの夜の豪快は望外の幸運だつたと云つていい。
 「こいつアもしかすると」
 ベイスターズが年に一ぺん、出来るかどうかくらゐの、ファンには痛快な試合かも知れねエぜ。と大聲で呟いたら、頴娃君がブランコの大スリーラン・ホームラン並みの突つ込みを入れてきた。
 試合は十七対八でベイスターズの圧勝―と云ふか、野球のスコアではないやうにも(寧ろラグビーとかバレーボールとかそんな感じ)思はれるが、実際試合終了時点でかうだつたのだから仕方がない。たとへばテレヴィジョンやラヂオでこの試合を視聴してゐたら、単に大味で締りが無いなあで終つてゐた筈で、そんな気分を然し微塵も感じなかつたのは、スタヂアム最大の特典ではなかつたかと思ふ。【13250-0398 ぶらナンブ、スタヂアムに行く】の冒頭で確か
「野球は突き通る空と沸き立つ雲の下のスポーツで、ゆゑにナイトゲームは邪道」
とか何とか書いてゐるのをすつかり忘却した私は、浮き足立つたままの帰りの電車の中で、プロ野球見物はナイトゲームに限ると考へてゐたのだつた。
[PR]
by vaxpops | 2013-07-14 21:00 | ニューナンブ | Trackback | Comments(0)
 教訓。夏のスタヂアムでは着替へを用意すべし。

 教訓。夏のスタヂアムではタオル(どんなのでもよし)を用意すべし。

d0207559_18572078.jpg


 で。

 何ゆゑここに肴があるのか??
[PR]
by vaxpops | 2013-07-13 18:57 | 企画万巻 | Trackback | Comments(2)