いんちきで、さらにマクガフィンだつた。

by 丸太花道@乳軟部

<   2017年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

好もしいあひびき

『星のあひびき』
丸谷才一・集英社文庫

d0207559_79375.jpg
 文庫本に対する好き嫌ひが私にはあつて、たとへばハトロン紙の頃の岩波文庫は好き。講談社文庫はきらひだが、同文芸文庫は好もしい。さういふ視点で云ふと、集英社文庫はきらひな部類に入る。ことに背表紙の惡派手具合は講談社文庫と双璧をなす(これ正しい用法か知ら)酷さで、本棚に並んだ姿は目を背けたくなる。
 そんなのは中身に関係ないから、気にする方がをかしいといふ批判は一応、うなづくとして、手に持ち、目に入るものなのだから、見た目だつて大事なんではないかなあと疑問は呈しておかう。一体に文庫本の体裁は、出版社の勝手都合が前に出すぎで、いやそれ自体は惡くないとしても、趣味が惡いからどうにも困る。デザイナーの手腕が試されるのは、かういふ時の筈なんだが、私の思ひ込みなのだらうか。

 併し見た目の惡さがあつて、中身が優れてゐれば、何となく得をしたといふか、おれはちやんと評価してゐるのだといふか、妙な満足を感じるのも事實で、勿論これは勘違ひ。それくらゐは許してください。この本が一讀再讀三讀に値する面白さなのは、きつと請け合ふから。
 長短織りまぜた随筆…評論風の長文があり、書評があり、眞面目な顔つきと冗談があり、際どい話題がある。どこから讀んでもかまはない。気樂に讀むなら"書評35本"からが宜しからう。巻末の初出一覧(この本には併せて索引も用意されてゐる。この点は大きに評価したい)を見ると、毎日新聞に掲載されたもの。ひとつひとつが比較的短いから、讀み易い。
 この讀み易さを併し安直と捉へると間違ひを犯すことになる。「春画のからくり」(田中優子・ちくま文庫)を評した一文では、著者の論考を受けながら、さらりと"浮世絵師は呉服屋の宣伝係でもあつた"と書きつけ、布がつくる襞のフレーム性に賛意を示しながら、その背景にある"物語における布といふ伝統"を指摘し、源氏物語や泉鏡花から證立てる。美事な藝と手を拍ちたくなつてくる。
 丸谷才一は非常にレトリカルな作家なのに、長文になるとそれが解りにくくなる傾向がある。その解りにくさは勿論、丸谷が意図的に隠してゐる所為(この辺りの機微は同書所収の"わたしと小説"にうつすらと透けてゐる)なのだが、短い文章だとその骨組みがくつきり冩るのだ。これは勉強になるなあと云ふのは、どうも好みに適はないのだが、凡百の文章指南に目を通すより、この一冊を丹念に讀み返す方が余程有益なのは疑念の余地がない。
 ただそんな風に…云はば教条的な姿勢で目を通すと損をする。のんびり、第一級の藝を愉しめばよいので、たとへば湯木貞一(丸谷いはく"吉兆のおとうさん")が、日本料理を食べる際は、ともかく最初の一杯は清酒を召し上がつていただきたいものです、と語つた時の表情と聲があまりに寂しさうなので、食前酒は清酒(またはシェリー)にしてゐると書いた後
「しかし食後酒の件になると、湯木さんは何も論じなかつた。そこで、わたしは平然として、いろいろさまざまな酒を飲む。自由を行使する」
と續ける。威張つてゐるのか、冗談なのか、好意を含んだ揶揄ひなのか。ここは分析的な態度で臨むより、おれならどうするかなあと考えを巡らすのがあらまほしい。そこには作家と讀者の好もしいあひびきがある。
[PR]
by vaxpops | 2017-07-31 07:15 | 本映聴観 | Trackback | Comments(0)

困惑の組合せ

 ある午后、不意に思ひついたので、ナポリタン・スパゲッティを食べた。"ランチ・セット"とか称したやつ。冷珈琲をつけて、合計から200円の割引きだつた。
 200円引きなのは、まあいい。
 予想が外れたのは、ナポリタン・スパゲッティに冷珈琲が似合はなかつた点で、これには少し計り、困惑を覚えた。ケチャップの甘さゆゑか、他のスパゲッティでも同じなのか。

d0207559_8212288.jpg
d0207559_8212354.jpg
 何かの本で、紡錘形に盛りつけたスパゲッティ(味つけは胡椒と豚の脂)を指でつまみ上げ、檸檬を搾つた冷たい水を飲む伊太利下層民、といふ描冩を目にしたのを思ひ出した。
 あれは旨さう(な描冩)だつたな。
 尤もその記憶のスパゲッティはあまりに雑駁な感じがされなくもない。おれなら野暮つたい赤葡萄酒でも奢るよ。そんな風に考へながら、似合はない組合せを平らげた。
[PR]
by vaxpops | 2017-07-30 08:30 | 飲食百景 | Trackback | Comments(0)

季節はづれ

鰤大根と聞くと、何となく浮き足立つ気分になる。
鰤と大根の炊き合はせだと、さうは感じないのに。

季節ぢやあない?
さうだけどまあ。

不意に思ひ出したら、食べたくなつてきたんです。
上手に炊いたのは、中々お目にかかれないけれど。

d0207559_05583447.jpg

ああ早く晩秋初冬にならないものか知ら。

[PR]
by vaxpops | 2017-07-29 07:00 | 飲食百景 | Trackback | Comments(0)

バベル

築きあげた翌朝には

類のない宿酔ひ

d0207559_07115811.jpg

[PR]
by vaxpops | 2017-07-28 07:30 | ニューナンブ | Trackback | Comments(4)

動機の供述

猫の寫眞なら、なんでもうけるだらうと思つた。

かつとなつて、2009年の画像から探し出した。

d0207559_06222091.jpg


今は反省してゐる。

[PR]
by vaxpops | 2017-07-27 06:45 | ニューナンブ | Trackback | Comments(2)

どんな顔つきで

 山形のだしといふ、さてこれをどう分類すればよいか、胡瓜だの生姜だのを細かく刻んで、粘りを持たせた食べものがある。振りかけのお漬物版と呼ぶのが近いか知ら。
 ごはんに乗せてうまい。素麺のつゆに入れてうまいし、冷たく〆た饂飩に混ぜるのもうまい。蕎麦や中華麺はどうだらう。面倒ならそのまま肴乃至つまみにしても勿論うまい。この場合、匙でちよつとづつ、掬ふのが宜しからう。塩がはつきり感じられる分、食べすぎに留意は必要だけれど。
 画像をご覧頂けばお判りのとほり、中でも私が最も好むのは、冷や奴に乗せる食べ方で、味つけぽん酢を加へる。この時はちつと加減をまちがへたから刻み葱を足した。かういふ誤魔化しも愉快のひとつでせう。

d0207559_78384.jpg
 ところで山形人に知合ひがゐないから、大変に不思議なのだが、實際あの土地では、かういふ漬物の変種を作つてゐるのだらうか。保存食を使ふ上での応用なのか知ら。

 山形には鰰があり、初孫といふうまい銘柄があり、何より尊敬する丸谷才一先生を生んだ土地だから一ぺん訪れて、存分に呑み喰ひを愉しみたいのだが、どんな顔をして註文すればいいのか、見当がつかない。
[PR]
by vaxpops | 2017-07-26 07:15 | 飲食百景 | Trackback | Comments(0)

複雑な構造の驛

『新版 ローマ共和政』
フランソワ・イナール(訳・石川勝二) 白水社 文庫クセジュ

d0207559_8524666.jpg
 立花隆だつたかと思ふが、翻訳もので讀み辛いと感じたら、先づ訳し方を疑へと書いてあつた。序でに詰らないと感じたなら、投げ出して仕舞へとも書いてあつた。確かにさういふ…讀み辛くて詰らない本があるのは事實の一面なのだが、痛烈だなあ。

 但し讀み辛くても興味をそそられる本も中にはあつて、この本はその一冊に加へられる。
 共和政時代のローマは七代續いた王を追ひ出してから成り立ち、スッラを経て、カエサルとオクタウィウス(後のアウグストゥス)に潰されるまでの五百年くらゐを指す。ハンニバルの戰争もスパルタクスの叛乱も『ガリア戰記』もこの時代の話で、古代の地中海史に多少の興味があれば、實に面白い時代だと思へるだらう。そこにはギリシアだけでなく、エジプトだけでもなく、シリアやペルシア、イベリヤからフランスにも跨がる広範な地域が含まれてゐて、世界史上これほどダイナミックな時代は、現代に到るまで、ないのではないか知ら。

 さういふ五世紀を描かうと云ふのだから、詰らなくなる道理はない。ない筈なのだが、率直なところ、何度も本を投げ捨てさうになつた、と白状しておかう。何故かと云ふのは簡単で

 「けれども周知のように、すでに前の時代から、原初の徴兵‐原始的な三つのトリブス(おそらくは人種に起源を持ち、各トリブスは一〇のクリアに再分割されていた)に基づいた‐に取って代わられたのは、市民を組織的に掌握するのに都合がよいようにと思い描かれた財産調査用の階級分け(二四頁の表参照)に基づく、当時はやったやり方であった」

一讀して、すつと理解出來るでせうか。念の為にハイフンと括弧書きを除くと

「けれども周知のように、すでに前の時代から、原初の徴兵に取って代わられたのは、市民を組織的に掌握するのに都合がよいようにと思い描かれた財産調査用の階級分けに基づく、当時はやったやり方であった」

となるのだが、これだつて意味を取るのは六づかしい。訳者による後書きを見ると、原語には非常に長いひとつの文が多用されてゐて、かういふ文章を、"文脈を損なわずに日本語に直すのはなかなか骨の折れる仕事"だつたので、括弧書きやハイフンを用ゐて対応したさうだが、かういふ本に文學的な配慮は不要である。一文が日本の讀者にとつて長過ぎるなら、短い文に分割すればこの場合は好もしい対応なので、判断を誤つたのだなあと溜め息をつかざるを得ない。

 但し著者の目配りは大したものだと思ふ。扱ふ時間も地域も人種も制度も戰争も、余りに広くて変化に富んでゐるから、踏み込みは些か浅めに感じられたけれど。
 ことにマリウスに始まる軍事の変革からスッラの手による復古的な改革の流れは、その後のカエサルとアウグストゥスに到る(詰り共和政ローマの変質と崩壊に直結する)きはめて重要な期間…と私は考へてゐる…なのだが、その辺りも他の箇所と同様に淡泊な筆致だつたのは残念と云はざるを得ず-おや、訳者の惡癖が移つたか。
 尤も筆者にしたら、難癖をつけられた気分になるかも知れない。目的は五世紀に跨がる時代の俯瞰で、個々の事象を詳らかにすることではないのだよ。さう云はれたら、確かにその通りか。この時代には幾つかの、或は幾つもの分岐点と変化があつて、おほむねそれらは焙り出されてもゐる。そこで"if"を考へてみるもよし(たとへばスッラの大粛清に際してカエサルの助命が赦されなかつたら?)、ある点を突つ込んで更に調べてみるもまたよし。さういふ意味でこの本は、ローマ或は地中海史の様々な方面へ進み乗り換へられる巨大な驛と見立ててもよい。尤も肝腎の案内板がひどく讀み辛くて、随分の苦労は求められるけれども。
[PR]
by vaxpops | 2017-07-25 09:00 | 本映聴観 | Trackback | Comments(0)

酒の時間 肴の空間

 肴…サカナと讀むのだが、これはサカとナに分けられる。
 酒菜とも書くのがその證拠。 
 但し菜とはあるけれど野菜に限る必要はなく、酒席に供せられる食べもの全般の意と理解すればいい。

鶏の唐揚げ。

餃子。

臓物の煮込み。

焼鳥。

お漬物の盛合せ。

鮪や鰤のおさしみ。

〆鯖。

烏賊の塩辛。

ハモン・セラーノ。

ポテト・サラド。

焼ソーセイジにザワー・クラウト。

 その他諸々、幾らでも挙げるのは出來て、但しここで大事なのは酒菜の酒が示すのは所謂日本酒なんです。詰り肴は日本酒と相性が好くなくてはならない。或は日本酒との相性をば優先させなくてはならない。

 そこで我われは"直会"なる古い言葉を頭に浮べる必要がある。讀みはナホラヒ(發音は nao-rai) 大雑把に、神さまに贄を捧げた後の宴の意だから、簡単に云へば宴会、もしくは打ち上げですね。

 神さまに捧げた贄だから、それが貧相なのは有り得ない。また殺生を厭がる小賢しい宗教が入る前からの風習なのを思ふと、その年に収穫された米や麦や種々の野菜、木の實だけでなく、鮭に猪に雉なぞの山鳥も捧げられただらう。きつと(贅沢にも)大きな火を点け、割いて烹て焼いて捧げ喰つたのは疑念の余地がなく、更にその年に醸された酒が並べられたと想像するのは、寧ろ自然ではあるまいか。

 勿論それは今の収穫に感謝し、次の収穫を祈る神事の性格が前面にある。むかしの神さまは何かあると、直ぐに祟つてくるからね。併し当人の意識とは別に、"初ものの宴会"の気分が紛れてゐたとしても、奇とするには当らない。自分や家族や郎党が亡びずに済む目処がついたんだもの。少々破目を外したところで、その態度…気分を責めるのは気の毒ぢやあないか。それに初もので浮き足立つのは、ご先祖から我われに受け継がれた性向でもある。

まさか?

 疑念を抱くそこの貴女、どこでもいいから、酒藏の藏開きに足を運んでごらんなさい。疑念がたちどころに氷解するのを感じ、きつと鶏を焼いて一ぱい呑りたくなるに相違ないから。

d0207559_08281155.jpg


實はこの一文。
[PR]
by vaxpops | 2017-07-24 10:00 | ニューナンブ | Trackback | Comments(0)

[ひとり珈琲を飲む時間。気の置けない仲間と飲みにいく時間。穏やかな時間、楽しい時間、悲しい時間、寂しい時間、いろんなシチュエーションがあると思います。でもそれは全て大事な時間。そんな珈琲の時間、お酒の時間をテーマにした写真展を開催します。]

ニューナンブから、"液温24℃"の頴娃君が参加いたしました展、無事に閉幕を迎へました。

我が親愛なる讀者諸嬢諸氏の皆々様には、この場を持ちまして、厚く御礼を申し上げます。

d0207559_11233960.jpg

ご縁を頂いた皆さまには、いづれ、どこかで、新たなご縁に繋がれば、これに過ぎる喜びは無いといふものです。

[PR]
by vaxpops | 2017-07-23 17:00 | ニューナンブ | Trackback | Comments(0)

相似形

人の世の如き

転轍機
d0207559_08070201.jpg

[PR]
by vaxpops | 2017-07-22 08:15 | ニューナンブ | Trackback | Comments(0)