いんちきで、さらにマクガフィンだつた。

by 丸太花道@乳軟部

タグ:リコー ( 32 ) タグの人気記事

終着

列車は音も立てず滑り込む

まばらなプラットホームに

d0207559_07195510.jpg

[PR]
by vaxpops | 2017-08-30 07:30 | ニューナンブ | Trackback | Comments(0)

長話

 立ち喰ひ蕎麦の話は何べんもしてゐる。何べんも話をするのは立ち喰ひ蕎麦が好きだからで、併し何故好きなのか、考へたことがなかつた気がする。私は大坂で育つたが、立ち喰ひ蕎麦にも饂飩にもとんと縁がなかつた。ああいふのは家で啜るものと思つてゐたのですね。大坂に戻るのは年に一ぺんくらゐだが、今でも立ち喰ひ蕎麦乃至饂飩を啜ることは殆どない。急いで云ひ添へると、ここでいふ立ち喰ひには、カウンターだけのごく狭苦しい場所も含めてゐる。語感としては場末に近しいとお考へください。
 そちらではないが、蕎麦の事始メと呼んでいいのは三十年ほど前の神田、[藪]だと思ふ。云ふまでもないほどの老舗だが、当時の私はよく解らなかつた。池波正太郎の随筆で名前を知つたのが切つ掛け。その頃の勤め先が近かつたので、足を運んでみたのです。旨かつたけれど、量が少なくて物足りなく感じたなあ。玉子焼きや鴨焼きで一ぱい呑つて、もりを一枚か二枚、平らげるなんて方法も知らなかつたのが失敗だつたか。併し仮に知つてゐても、二十歳そこそこの若造ぢやあ、何が何やら解らないままだつたらうね。それでも蕎麦が旨いと感じられたのは、老舗の底力か、江戸の洗練か。

 一体に大坂は蕎麦がまづいんです。食べる習慣がないのだらう。私の周囲で蕎麦の話題はまつたく出なかつたし、實家で蕎麦が出されたのは大晦日くらゐ。喜んで啜つた記憶はないから、大してうまくなかつた筈で、母親の料理下手を差引きしても、その程度だつたと考へて差支へなからう。京都では鰊蕎麦が有名だけれど、食べたことがないから、論評は控へませう。

 神田で事始メとなつた蕎麦の、次の機会は数年が過ぎてからだつたと思ふ。お店の名前はすつかり忘れたが、神田とか新橋とかその辺りの、ガード下かガード近くの立ち喰ひ蕎麦。七味唐辛子を振つたきつねそばを喰つたのは記憶してゐる。山下洋輔の"ピアニスト"(笑え?翔んだ?二度笑え?どうも判然としない)で、ヨーロッパ・ツアー中の山下トリオが、日本の食べものを恋しがつて、キツネソバ(表記はカタカナだつた)が慾しいとか、薬罐一杯の蕎麦つゆを寄越せとか、列車内で或は呻き、或は喚く場面があつて、これは一ぺん、試してみなくちやあと思つてゐたのだ。もうひとつ確實な記憶は、時節が冬だつたことで、暖簾の下を潜る寒風と、熱いきつねそばの組合せが宜しいものだと感ぜられた。旨かつたかどうか、曖昧ではあるけれど、振り返れば立ち喰ひ蕎麦に好感を持つたのは、この時からだと云へると思ふ。

 尤もそれで蕎麦を貪るようになつたわけではなく、立ち喰ひ蕎麦を見掛けたら入らずにゐられなくなつたわけでもない。月に二へんかそこらの頻度だから、立ち喰ひ蕎麦愛好家からすると、食べてゐないのと同じでせうね。聞いた話だと、山手線の外廻り内廻り全驛の立ち喰ひ蕎麦を啜り込んだひとがゐるらしい。流石にすべてのメニュではないだらうね。何周もしながら、今回はきつねそば、次回は掻き揚げ蕎麦、その次はたぬき蕎麦なんてやつてゐたら、何年掛かるか判つたものぢやあない。たれか實行に移すなら、止めやしませんよ。ラーメン程度の食べ歩きより、余つ程いいと思ふのだが、他のたれかに叱られるか知ら。さう云へば十何年か前、呑んでからわざわざラーメンを食べに行く(呑み屋の近くではあつた)習慣があつたな。肝臓も胃袋も、今より余程、頑丈だつたらしい。尤もうまかつたかどうかは、さつぱり覚えてゐない。御徒町上野周辺のラーメン屋には申し訳ない。

 ラーメンはまあ措くとして、呑んだ後に麺を啜るのは惡くないものだ。さういふことを私は學んだ。併しラーメンは熱いししつつこい。饂飩やきしめんは夜中に食べるのが六づかしい。素麺は家で喰ふものだ。かういつた流れから、立ち喰ひ蕎麦に目が向いた。[冨士そば]とか[梅もと]とか[茹で太郎]ですね。そこでざるを一枚。あればつゆに温泉卵を入れてもらふ。酔つた喉には中々、具合がよい。七味唐辛子を振ることもあつて、これは食べる分だけの蕎麦に、ちよいと。どちらも歴としたお店ぢやあ出來ないが、茹で置きの廉な蕎麦だと妙に適ふ(やうに思はれる)から、私の味覚なんて、いい加減なものです。
 ところでここまでの進み具合だと、丸太が立ち喰ひ蕎麦で啜るのが多いのは、ざる蕎麦と思はれるかも知れないが、そんなことはない。統計は取つてゐないから、そこは割引いてもらふとして、大半はたぬき蕎麦の筈である。後はかけ。偶に掻き揚げときつねくらゐ。変り種は好まない。精々が春菊天だらうか。我ながら保守的な態度だと思ふ。[冨士そば]だと一部のお店で紅生姜の天麩羅を用意してゐて、確かに好物なのだけれど、刻んだそれの掻き揚げなのが気に入らない。あれはぺらんとしたやつを揚げるのが旨いし、大坂式の饂飩に似合ふ。

 話がそれさうですね。
 たれです、いつも通りと苦笑するのは。

 蕎麦愛好家から見ると、立ち喰ひはどんな風に映つてゐるのだらう。何となく軽んじられてゐるんではないかと思はれる。曰く二八は当然、十割でなくちやあとか、つゆが練られてないのはいけないとか、天種は時節地物とか、考へてゐるのか知ら。それとも美味い蕎麦は先づ、いい水で香りと喉ごしを味はふものだとか、云ふのか知ら。いやまあ、さういふ愛好家の要望を満たす蕎麦屋があつたつて、かまはないと思ふけれど、そんな求道的なお店には入りたくないなあ。店主が長渕剛みたいぢやあないか。
 日常の動く範囲の中に[長寿庵]といふ、名前は立派だけれど立ち喰ひに準じる程度の蕎麦屋があつて、時々たぬき蕎麦を啜る。蕎麦は茹で置き。つゆは業務用を基にしてゐさうな感じ。独りで切り盛りしてゐる店だから、そのくらゐは何と云ふこともないさ。それに葱は自分で刻んでゐるし、天麩羅(勿論掻き揚げである)も店で揚げてゐる。見た目は長渕剛ほど恰好よくはないし、店内でラヂオの競馬中継を流しつぱなしにする親爺さんは愛想が中々よく、肝腎の蕎麦も廉で、そこそこにうまい(冷しは感心しない)一ばん高いのが三百円の掻き揚げ蕎麦、かけ蕎麦に到つてはたつたの二百二十円だから、おやつ代りにひよいと啜れるのが嬉しいよ。

d0207559_18142535.jpg

 ぬる燗を一合、だらりと含みながら、鴨や板わさなんぞをつまみ、悠々と蕎麦に取り掛かる。さういふ蕎麦屋があるのは勿論、宜しい。時代遅れの愉しみと云はれさうな気もするが、"最近の若エ連中"には解らん愉しみなのだよと居直つておきませうか。
 ただそれだけでは困る。
 時に老舗の古格が、どうにも鬱陶しくて我慢ならないと感ぜられる…なんだ気取りやがつて、下らねえ。あんなに割高な肴をつまめるかものと云ひたくなる…瞬間があるのです。何故だらうかと考へるに、蕎麦はどれだけ洗練されても、食事ではない。所詮は贅沢なおやつなんですね。そして食事ではないところが値うちである。そんならもちつと気樂でも、いいんぢやあないか。それなりの値段をつけてゐて明らかに茹で置きだつたり、蕎麦が引ついてゐたり(まさかと思ひますか。どちらも實際にあつたのですよ。店の名前は伏せるけれど)すると、がつかりして仕舞ふ。
 これが立ち喰ひ蕎麦なら少々まづくたつて、笑ひ飛ばせる。山葵でも七味唐辛子でも、誤魔化す工夫もある。それで話の種にもなる。尤も立ち喰ひは特段、うまいわけではないが、がつかりさせられない程度に味は安定してゐるから、笑へるくらゐのまづさに出会ふことは期待しにくい。仮にあつたとして、話の種には出來るけれど、蕎麦の種にはならないだらう。

[PR]
by vaxpops | 2017-08-28 07:00 | 飲食百景 | Trackback | Comments(0)

の、やうな。

書割。
d0207559_18103398.jpg
の、やうな。

[PR]
by vaxpops | 2017-08-27 07:00 | ニューナンブ | Trackback | Comments(0)

特筆すべきこともなし

安呑み屋の。
ただの冷奴。
それだけで。
馴れた店の。
ただ安心感。
d0207559_18063802.jpg

[PR]
by vaxpops | 2017-08-26 08:00 | 飲食百景 | Trackback | Comments(0)

夏の野菜の、ひりりとした感じ。

齧りついた後、舌で爆ぜる感じ。

麦酒で口を洗ひ、苦笑する感じ。

d0207559_07500307.jpg
当つても外れても、籤は美味いものなのだ。

[PR]
by vaxpops | 2017-08-25 08:15 | 飲食百景 | Trackback | Comments(0)

燈りは無言

夜を見上げてゐるのか

夜が見下してゐるのか

d0207559_07201698.jpg

[PR]
by vaxpops | 2017-08-24 07:30 | ニューナンブ | Trackback | Comments(0)

more

生ハムの美味いところつて

塊からナイフで削り出す姿

もつと削れ!おれの為に

d0207559_07215063.jpg

[PR]
by vaxpops | 2017-08-23 07:30 | 飲食百景 | Trackback | Comments(2)

矛盾

高い場所は苦手です。

地面に放り上げられさうな気分になるから。
階下へと転げ上がりさうな気分になるから。

d0207559_07215204.jpg

[PR]
by vaxpops | 2017-08-22 07:30 | ニューナンブ | Trackback | Comments(0)

短路

文明開化の電燈は

短路に現役

頭上も足元も

文明が照らしてゐる
d0207559_07193837.jpg

[PR]
by vaxpops | 2017-08-11 07:30 | ニューナンブ | Trackback | Comments(2)

Sniffing dog

この世界は

知らない匂ひに

満ちてゐる

d0207559_08233786.jpg

うーむ、興味津々。

[PR]
by vaxpops | 2017-08-09 07:00 | 画像一葉 | Trackback | Comments(2)