いんちきで、さらにマクガフィンだつた。

by 丸太花道@乳軟部

タグ:奥多摩 ( 19 ) タグの人気記事

酒の時間 肴の空間

 肴…サカナと讀むのだが、これはサカとナに分けられる。
 酒菜とも書くのがその證拠。 
 但し菜とはあるけれど野菜に限る必要はなく、酒席に供せられる食べもの全般の意と理解すればいい。

鶏の唐揚げ。

餃子。

臓物の煮込み。

焼鳥。

お漬物の盛合せ。

鮪や鰤のおさしみ。

〆鯖。

烏賊の塩辛。

ハモン・セラーノ。

ポテト・サラド。

焼ソーセイジにザワー・クラウト。

 その他諸々、幾らでも挙げるのは出來て、但しここで大事なのは酒菜の酒が示すのは所謂日本酒なんです。詰り肴は日本酒と相性が好くなくてはならない。或は日本酒との相性をば優先させなくてはならない。

 そこで我われは"直会"なる古い言葉を頭に浮べる必要がある。讀みはナホラヒ(發音は nao-rai) 大雑把に、神さまに贄を捧げた後の宴の意だから、簡単に云へば宴会、もしくは打ち上げですね。

 神さまに捧げた贄だから、それが貧相なのは有り得ない。また殺生を厭がる小賢しい宗教が入る前からの風習なのを思ふと、その年に収穫された米や麦や種々の野菜、木の實だけでなく、鮭に猪に雉なぞの山鳥も捧げられただらう。きつと(贅沢にも)大きな火を点け、割いて烹て焼いて捧げ喰つたのは疑念の余地がなく、更にその年に醸された酒が並べられたと想像するのは、寧ろ自然ではあるまいか。

 勿論それは今の収穫に感謝し、次の収穫を祈る神事の性格が前面にある。むかしの神さまは何かあると、直ぐに祟つてくるからね。併し当人の意識とは別に、"初ものの宴会"の気分が紛れてゐたとしても、奇とするには当らない。自分や家族や郎党が亡びずに済む目処がついたんだもの。少々破目を外したところで、その態度…気分を責めるのは気の毒ぢやあないか。それに初もので浮き足立つのは、ご先祖から我われに受け継がれた性向でもある。

まさか?

 疑念を抱くそこの貴女、どこでもいいから、酒藏の藏開きに足を運んでごらんなさい。疑念がたちどころに氷解するのを感じ、きつと鶏を焼いて一ぱい呑りたくなるに相違ないから。

d0207559_08281155.jpg


實はこの一文。
[PR]
by vaxpops | 2017-07-24 10:00 | ニューナンブ | Trackback | Comments(0)

 どうも我ながらにぶいなあと思つた話をする。寫眞の話。
 丸太の表藝が文章だといふのは以前から公言してゐるから、我が親愛なる讀者諸嬢諸氏にはご存知でせう。出來の評価はなさらなくてかまひませんよ。落ち込むのは明らかだから。
 併しこれもご承知のとほり、この[いんちきばさら]では使ひ廻しも含め、画像を多用してゐる。義務感があるわけではないが、習慣的…もしかして半ば機械的となつてゐる風には思ふ。自慢にはならないよね。とは云へ、画像抜きで[いんちきばさら]を書けないのかと訊かれたら、そんなことはないですよと応じられる程度に自信はある。更新が月二回くらゐに減りさうだけれど。

 それで先日ふと、おれはどうして画像を使ふんだらうと考へた。二本目の罐酎ハイを呑みながらだつたと記憶するが、それがドライだつたか檸檬だつたかは抜け落ちてゐる。

 最初に浮んだのは寫眞が好きだからといふ理由だつたのだが、説得力に欠ける。改めるまでもなく私の寫眞は他人さまに自慢出來る代物ではないからで、呑み喰ひの記録乃至報告は兎も角、寫眞それだけで成り立たせるだけの強靱さまでは持合せてゐない。謙遜でも卑下でも劣等感でもない、これは事實である。それにさういふ寫眞を見た時に感心はしても羨望は感じないから、まつたく向上心に欠けてゐるよ貴君と叱られるかも知れない。

 お叱りは甘受しつつ事實はさうなのさと呟きながら、もう少し考へると、居直りも含めて寫眞を出したいのだといふ、ある種の顕示慾があるのかと不安になつた。不安がをかしければ疑念でもいい。目立ちたくない、世間から身を潜めたい、隠棲したいとは思はないが、おれの寫眞を見ろと思はないのも本心だから、そこに顕示慾が入り込んでくるだらうか。偶々たれかの目に留まつて、その偶々のたれかが面白がつてくれれば、概ねは満足だよな、おれは。さう思ひ到つて、これも正しくはないだらうと結論づけた。

 我ながらにぶいのはここで、どうして表藝ではない寫眞の方向から考へたのか。前提といふか、出發点がそもそも誤つてゐたのです。
 私が寫眞乃至画像を撮るのは何故か。色々と事情はあるが、今の時点で最も大きいと思はれるのは記録乃至記憶。脳細胞が滅びつつある毎日、外部にその一部を委ねる為の手段が寫眞乃至画像なんである。常用の手帖と近いですね、扱ひが。

 さういふ扱ひをしてゐる寫眞だから、文章の中にあしらふ場合、それは主役にならない。書きたいこと(大したものでないのは我が親愛なる讀者諸嬢諸氏のご存知のとほり)を強調さしたり、明示(或は暗示)さす小道具である。だから仮になくても[いんちきばさら]は書ける。あれば便利。それがどうやら丸太の寫眞使ひらしい。もう少し簡潔な譬喩を試みれば、文章の補助線か。
 うん、我ながら惡くない譬へだと思ふ。文章を寫眞の説明にしない。と格別に意識をした、してゐるわけではないが、結果(の多く)がさうなのだから、"丸太の寫眞補助線説"には割りと説得力がありさうな気がする。併し多少なりとも冷静であれば、こんな分析の必要はないわけで、矢張り私は些かにぶいと云はざるを得ない。
d0207559_15533629.jpg

[PR]
by vaxpops | 2017-03-15 07:00 | 徒然諸々 | Trackback | Comments(0)

カタチとシルシ

 イコン…iconときいて、即座にツァイスを連想するひとはきつと少数派だとは思ふのだが、この[いんちきばさら]に限つては例外かも知れない。寫眞…カメラ…レンズ好きにとつてツァイス・イコンは特別の銘の筈で、たとへばハッセルブラッドSWCの38ミリ・ビオゴン、RTSコンタックスの50ミリ・プラナー、Gコンタックスの16ミリ・ホロゴンと挙げればきりがない。だからこれ以上は控へるし、第一ツァイス・イコンは今回の話と関係がない。

 それでイコンとは何ぞやと考へるとそれは象徴である。カタチとシルシ。漠然とした何事かを明瞭に示す為の記号(のやうな)何物かと云へば解りにくいけれど、基督教の宗教画を思ひ浮べればよささうにも思ふ。宗教画のすべてがさうだとは云へないとして、最上のそれが持つ美しさは理窟や神學を飛ばして、眞善美をぢかに感じさせる。その"ぢかに"がイコンの役割…靱さではないか。尤も丸太の勝手な解釈だから、イコン學者につつこまれるのはこまつて仕舞ふ。

 かういふ(丸太には似合はない)ことを考へたのは画像の所為で、西多摩の某酒藏で撮つた。
 甑…コシキだらうと思はれる。
 粗雑に云へば酒米を蒸す器械で、酒醸りの大元と受けとつていい。何斗だか何石だか、我われの想像には収まらない量にちがひなく、立ち並び立ち上る湯気を思ふと、壮観なのだらうなと思はざるを得ない。蒸された米が醗酵し、搾られ、濾されて、肴と共に登場する。さういつた連想を刺戟するのがこの極端に図案化された画像で、お酒を示すカタチとシルシ…即ちイコンと呼んでいい。
d0207559_7491479.jpg
 すりやあ丸太が呑み助だからだよと云はれたら、頭を掻いて誤魔化すしかないのだけれど。
[PR]
by vaxpops | 2017-02-09 08:00 | 徒然諸々 | Trackback | Comments(0)

お蕎麦の前

 立ち喰ひのたぬきそばを私は偏愛する者ではあるが、当り前のもり蕎麦が好もしくない筈はなくて、併し一枚のもり蕎麦だとどうも足り苦しく感じなくもないから、さういふ時には何かしらをお蕎麦の前につまむ。本筋で云へば蕎麦種に少し手をつけた程度のが望ましからうと思はれて、ただまあそこまで拘泥した結果、その拘泥の分だけ一枚のもり蕎麦が旨くなるかと云へば、些か以上に疑問が残る。
d0207559_7352650.jpg
 考へてみると、お蕎麦の前に何か食べるのは空腹があるのは勿論として、矢張りお酒を少しやつつけるからだらう。莫迦つ舌の私だから、純米だの生酒だの精米何分だのに大して興味はないし、冷や酒に限る態度でもなくて、品書きにある旨さうな銘柄をその時の気分やら調子で常温だつたりぬる燗だつたり冷やだつたりで、旨いなあと思へるから得をしてゐるのか知ら。ただ肴なしで呑むのはどうにも無理だから、さういふ註文をすることになり、手段と目的が妙な具合になつてきたぞと思はなくもないが、さういふことを気にすると折角のお蕎麦がまづくなる。
d0207559_7352717.jpg
 なのでそれはそれとして、お蕎麦の前のつまみは何がいいかといへば、焼海苔や鴨を挙げるひともゐるだらうが、前者は些かかるすぎるし、後者だとお蕎麦に対して濃いかと(鴨南ばんや鴨蒸籠といふ例外はあるけれど)思はれるし、お酒にも似合はなささうでもあつて、どうも積極的には撰び辛い。矢張り画像の厚揚げや玉子焼き、或は温めた豆腐辺りがなだらかな調子でお蕎麦に移れるのではなからうか。一合のお酒をゆるゆる愉しみつつかういふのを平らげ、悠然ともり蕎麦を手繰るのは、老人の娯樂と呼ばれるやも知れないが、若えモンにやあ解るめえよと居直りたくもなつてくる。
[PR]
by vaxpops | 2017-02-05 07:45 | 飲食百景 | Trackback | Comments(0)

油断のならぬ

 お漬物があるといい気分になれる。何を以てお漬物とするかには議論の余地もあらうが、野菜を糠や塩や味噌で漬け込んだ醗酵食(かう書くと何だか貫禄が出ますねえ)だと云へば、我が親愛なる讀者諸嬢諸氏に叱られることもないだらう。

 野沢菜漬け。

 たくわん。

 胡瓜や白菜の浅漬け。

 蕪の塩漬け。

 辣韮の鼈甲漬け。

 挙げてゆけば切りがないから物尽しは控へるとして、ごはんとお味噌汁に鉢盛りのお漬物があれば、簡素ながら(焼魚でもあれば文句のない)食事が完成するのは改めるまでもなく、たとへば佛國にかういふ"ささやかながら欠かし難い一品"はあるのか知ら。仮になくても佛國料理がいけないことにはならないのだが。
d0207559_7222535.jpg
 ただお漬物といつてもお漬物なのだから、細かな差異はあつても、劇的にちがはないんではないかなあ。
 といふことを考へないわけではない。
 中々正直な態度でせう。
 思ひ出すのは燻りがつこといふお漬物。これは粗つぽく、"たくわんの燻製"なのだが、たくわんではなく燻りがつことしか呼べない味で、初めて食べた時はびつくりした。詰り旨かつたので、まつたくのところお漬物は油断がならない。加へて云へば油断のならないお漬物は突然、小皿で登場するのが常でもある。画像のお漬物が詰りそれで、ね、ちやあんと流れを考へてゐるのですよ。
 これはある酒藏で供されたもので、酒粕を使つてるのだといふ。一体に私は粕漬けが得意ではなく、それは殆どの場合酒粕の厭みが鼻につくからなのだが、これにはそんな気配がなくてうまかつた。特に白菜は唐辛子(實はこちらもあまり得意ではない)を隠してゐたかと思ふが、舌に響く辛さがあり、そのくせお漬物の白菜といふ味はひが残つてもゐて感心した。漬け方が巧妙なのだらうね、これは。肴になるのは勿論として、ごはんにも實によく似合つた。
[PR]
by vaxpops | 2017-02-03 07:30 | 飲食百景 | Trackback | Comments(2)

つまむ

 独居老人(にきはめて近い場所にゐるところ)の私の食事がさう大したものでないのは、我が親愛なる讀者諸嬢諸氏には既に明らかであらうと思はれる。時に旨さうな食べものの画像を出すこともまあないではないが、それは外で食べたものだからこちらの手柄と胸を張るわけにもゆかない。

 勿論外食ですべてをまかなへるほど、お財布にゆとりがありはしないから、寒い季節は一応と念押ししつつ自炊もする。自炊とはいふが、要するに野菜や肉の切れ端を煮るだけのことで、こんなのは小學生にだつて出來る。毎日火入れをして生姜やら葱やらをはふり込めば日保ちするし、少しづつ味が変るのもあるし、最後にはレトルトのカレーを入れて饂飩を煮けば勿体無くならないのも有り難い。使ふ調味料は塩胡椒と濃縮の出汁、後は粉末ソップくらゐなものか。茸や脂身で意外な程に変化するし、私程度の作り方なら寧ろそつちに任す方がいい具合になる。尤も放任主義でゆけるほどの勇気はないから味見が必要となるのだが、ここから(やつと)(例のとほり)本題。
d0207559_7195676.jpg
 独居の特権は自炊で勝手が出來る点で、家族がゐる、友人や知人を招くなら兎も角、自分で食べるだけなのだから、お行儀の惡い味見をしてたれに叱られる心配もない。ごく緩い火で鍋を温めつつ、罐麦酒なんぞを開けて、お玉から直接に啜りまた食べる。

 いやはや。
 下品だねえ。

 まつたくそのとほりで、かういふ姿を我が親愛なる讀者諸嬢諸氏に見られた日には、[いんちきばさら]を終了させなくてはならない。
 さうは思はれるのだが、この味見…といふよりつまみ食ひがうまいのだからこまる。お皿や小鉢に盛つて温泉卵を落し、青葱を散らす方がもつとうまい筈なのに、鍋から直かにつまむうまさは堪へられない。東海林さだおが學校帰りに馬鈴薯のお味噌汁をお玉で啜る樂しさを描いてゐて、あのひとはさういふ嬉しさを一筆描きで見せるのが實に巧い。絵でも文字でも食べる歓びを見せるのは最も困難な課題に属するが、稀にさういふひと(檀一雄や吉田健一)がその困難な課題を易々と解決するのを目の当りにすることがあつて、まつたくのところうんざりさせられる。東海林さだおもまたそのひとりであるか。

 いやそんな話ではなかつた。

 綺麗に或は一応盛りつけをする前の食べものが不思議にうまいといふ話で、あの味の感じ具合のちがひは何だらう。
 品下れにかまはず云ふと、盗婢妾妻だつたか、さういふ序列がある、あつた、らしい。男から見た女の味で、日本語風に翻訳すると不倫に女中、愛人女房辺りか。念の為に云ふが我が親愛なる讀者諸嬢よ、私は貴女を心から敬つてゐる。これはさういふ云ひ廻しがあつた(らしい)ことの紹介なので誤解されてはこまりますよ。と云ひ訳をしたところで、では何故その女性蔑視的な云ひ廻しを思ひ出したかといへば、最初の"盗"の文字が理由である。詰り盗み喰ひ。たれかの目をかすめるやうなつまみ喰ひは何だか愉快なものでせう。お行儀の惡さが味はひに繋つてゐるわけで、檀一雄はロシヤで居候を決め込んだ時期に、ボルシチだかの作り方と味を盗み飲みで覚えたといふ。"ロシヤでの居候といふ特殊な事情"を含めても、随分うまかつたらうな。まさに盗味の極北。
 思ふにお玉でのつまみ喰ひは、檀の体験…盗味…をうんと小さくしたかたちではなからうか。決して感心出來る習慣とは呼べないとして、さう考へれば台所でのつまみ喰ひが妙にうまいのも納得出來さうな気がする。それに画像のやうな料理を用意する板前さんが、(味見と称して)ひよいとつまみながら、うーん旨いなあと呟く姿を想像するのは愉快ではありませんか。
[PR]
by vaxpops | 2017-02-02 07:30 | 徒然諸々 | Trackback | Comments(2)

第一号

 お酒に関してはかるい呑み口を私は好む。水ニ似タルヲ以テ最良トス、といふのは吉田健一も内田百閒も教へるところだが、別に迎合してゐるわけではありませんよ。

 思ふにお酒が弱いのだな。

 もうひとつ加へると、葡萄酒の方が口に適ふ事情もあるのだらうなと考へられなくもない。良し惡しの話と異なるのは当然のこと。好みでなければ相性の問題である。
d0207559_6523840.jpg
 とは云ふものの、お酒が厭なのでもなく、たとへば画像の"新しぼり"は、骨のふといのを好むひとには頼りなく感ぜられるにちがひないが、またさういふ濃いのをやつつけると水のやうに思へるのも事實なのでもあるが、舌触りも喉越しも非常にスムースでおよそ前に出る態度が見られない。

 裏を返すと肴を撰ばない銘柄だとも云へるわけで、お刺身でも天麩羅でも煮つけでも(試してはゐないがきつと)唐揚げでもうまい。それを"個性に欠ける"と評するのも出來なくはないとして、ではその"個性"が必要なのかといふ疑問は残る。お酒は肴とあはさつて"まつたき宇宙をなす"と考へる立場としては、個性といふ臭みのきつい(そのくせ曖昧な)冠は時に邪魔ではないかと思ふ瞬間がなくもない。異論の余地はたつぷりある。
[PR]
by vaxpops | 2017-01-31 07:00 | 飲食百景 | Trackback | Comments(0)

後日のこと(箇条書き)

拝島から目指すのは石川酒造。
驛前の交番にゐるお巡りさんは何度か訪れた由。
「吞みすぎちやあ、いけないよ」と忠告。

石川酒造。堂々とした藏の前に何故だか綱が張つてある。
あれは洗濯物を干すのですとの話。をかし。

見學は自称"酒世羅(といふ名前の賣店)のいんちき店長"ことH本氏。
講談師のやうな喋りつぷりで、"~といふ話"の癖がリズミカルだつた。

石川酒造の社長は代々彌八郎を名乗る。
単に名乗るのではなく、手續きをして改名するのださうだ。
当代は十八代目といふから、徳川将軍より長續きしてゐる。

彌八郎より長い血筋の宮様が植ゑられた樹(木犀)が二本。
ただその宮様は"お忍び"だつたさうで、疑問が残らなくもない。

お午は醸造所内にある蕎麦屋の[雑藏]で。
玉子焼き、厚揚げ。
それからブルワリー謹製のペール・エイルにもり蕎麦を一枚。
d0207559_12443935.jpg
青梅線の乗客になつて沢井驛に移動。
陽射しがやはらかく、梅がぽつりと咲きだしてゐる。
澤乃井に入つて煙草を一本。

小澤酒造の社長がえらく痩せてゐて一驚。
癌を患つて、手術を受けたとのこと。
併し痩せた頬に鼻髭がよく似合ふ。ちよいとショーン・コネリーみたいだつた。
左斜め前に坐つてゐたひとは、元ドラゴンズの山本昌に似た風貌。

性格上詳しくは書けない催しで、"新しぼり(ニヒシボリと讀む)"と他二種。
併せて幾つかの料理。
眞鱈の昆布〆は感心せず。
巻き湯葉の含め煮、春菊豆腐春巻、冬野菜大辛漬に粕汁は美事。

お酒の割振りが實に巧妙なのに助けられ、酔ひつつ(それなりに)しやんとしたまま終へられた。

画像の猫は"よね"だつたか。
H本氏の呼びかけに、みやあとか応じてゐたが、石川酒造で飼はれてゐるのではないさうだ。

[PR]
by vaxpops | 2017-01-30 07:00 | 宿酔紀行 | Trackback | Comments(4)

窓の外

d0207559_12443785.jpg
靴を脱いで

膝をついて

お行儀よく

窓から外を

[PR]
by vaxpops | 2017-01-29 13:00 | ニューナンブ | Trackback | Comments(2)

福々し

d0207559_17533694.jpg
秋祭り

一服点けて

粋を見せ

[PR]
by vaxpops | 2016-11-10 07:00 | ニューナンブ | Trackback | Comments(2)