いんちきで、さらにマクガフィンだつた。

by 丸太花道@乳軟部

1777 合法的密造酒の会 余波(後)

 左。俗称は“白馬”でシロウマと讀む。説明書きには
『大吟醸の「オリ」を集めたもので(中略)吟醸造りに携わる者だけが味わえる役得の酒です』
と載つてゐる。つよい酸味と濃醇な甘みがあつて、微かな發泡は發酵中を思はせる。實に美味い。引用から想像出來る通り、本來我われの手元にやつてくるお酒ではなく、だから正式な銘柄は用意されてゐない。
d0207559_710069.jpg
 右。“吟醸 新しぼり”と書いて讀みはニヒシボリ。本醸造の生酒で、こちらは市販されてゐる。非常に軽やかな呑みくち。濃厚好みにはもの足りなく感じられるかも知れない。然し常飲するならこれくらゐが寧ろ望ましく、肴を撰ばない懐の深さがある。“白馬”があまりに印象のつよい味はひなので、その後に含んでみたら、殆ど水に等しく思はれて仕舞つた。
[PR]
by vaxpops | 2016-02-05 07:15 | 飲食百景 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://zampablack.exblog.jp/tb/22849931
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by stonefree_01 at 2016-02-05 23:50
この順序は絶妙でした。いずれも口に新鮮な味わい。それぞれを比べてみれば答えは見えますが、その順序があつてこそ全体が輝く、何とも芳醇な時間を過ごすことができました。

しかし、あたしァね、てきすとを表藝にはつてはるセンセには、こンな言葉でお茶を濁してほしくなかつたなあと、思ふのですよ。例えば瓶に須磨蔵なンてらべるが貼つてあつたりしたら、密造でもにやつとするとこなンですが。
あれァ、車でいへばF1のエジソン。こすと無視で高価なお米をじやぶじやぶ使ひ、杜氏の持てる技術の粋を尽くしたスーパー純米大吟醸な訳です。一字千金のたとへを期待してしまいます。
Commented by vaxpops at 2016-02-06 14:27
頴娃君。

 お酒の順番は非常に大切です。
 解つてゐる積りでも、ああ云ふ形で供されると、つよく實感されるものですね。

 他にも譬へ方はある筈なんですがね、確かに。
 ただどうにも頭に浮んで消せなかつたものですから、採用しちまひました。また機会を改めて、譬へも改めて書く事になるでせうから、暫しご辛抱くださいましな。
Commented by jes22salud2 at 2016-02-06 18:48
目の毒、連続。
Commented by vaxpops at 2016-02-06 19:03
乙女酒場さん。

 そちらで樂しんだはる酒肴の画像も困りモンですよう。
名前
URL
削除用パスワード