いんちきで、さらにマクガフィンだつた。

by 丸太花道@乳軟部

1957 タバスコ?

 我が親愛なる讀者諸嬢諸氏は焼き餃子を好まれるだらうか。私は大の好物である。頭の中で麦酒の相棒撰手権を開催すると、常にベスト4…同じくらゐの成績を残すのは焼き鳥のねぎま(たれ)なのだが、そちらはこの稿では触れない。残念な気もする…に入る強豪と云へば、焼き餃子への偏愛も想像頂けるのではなからうか。

 その焼き餃子を何で食べるか、といふ問題。

 随分以前は小皿にまづ辣油をたつぷり。そこに醤油を垂らすやり方だつた。味が濃くてひどく辛いのが焼き餃子に適ふと思はれた。

 少し以前は醤油に酢を垂らして辣油で調へる風だつた。調合の具合で味が変るのが、焼き餃子に適ふのだと思はれた。

 今では酢を醤油で調へ、辣油は添へる程度になつた。味つけぽん酢を用ゐることもある。焼き餃子の味を活かす方法だと思はれる。

 うーむ。かう書き出すと、調味の好みがどんどん老人になつてゐるなあ。

 尤も焼き餃子はふた皿が譲れない線だから、味つけが濃いと食慾以前に舌が受け入れなくなるのだ。必要は工夫の源泉である。…とは云へ前述したのは要するに酢醤油辣油の組合せ乃至比率のちがひだから、工夫と呼べるほどでないと指摘されれば、反論の余地は残らないか。

 となると焼き餃子をおいしく食べる為のたれを新しく考へる必要がありさうで、さて、何があるだらう。
d0207559_6544897.jpg
 タバスコ?それだけではどうも使ひ辛さうである。ウスターソースに少量しのばせると、牡蠣フライには最良の調味(タルタルソースより旨いと思ふ)となるが、焼き餃子向きではなからう。マヨネィーズに加へるのはどうか知ら。同じからいのなら柚胡椒の方が似合ふか知ら。
 もつとシンプルに粉山椒、或は粗く挽いた胡椒や塩、味噌も考へられる。さう云へば私は鶏の唐揚げを檸檬塩でやつつける(小皿に檸檬を搾つて塩を振る。冷めて仕舞つたのでやると口が変るのが中々宜しい)のが好きで、これなら応用出來るのではなからうか。
 他の調味から引つ張るとしたら、冷し中華の胡麻たれ辺りも使へるか。そのままは甘すぎさうだから醤油で少しのばして、大蒜のすりおろしを加へればいけるのではないか。青紫蘇のドレッシングも似合ひさうだが、これは寧ろお惣菜で買つたのをサラド気分で食べる場合に限られるかな。

 併し實は思ひきり試したいのが、大蒜醤油なんである。ひとつはすりおろし大蒜を醤油で溶いた仕立てで、これはいつでも出来る。もうひとつは大蒜を漬け込んだ醤油。それだけでもよいが、刻んで叩いて粘りの出た葱を追加させたい。何にでも(お豆腐、厚揚げ、焼き魚、卵かけごはん、その他、諸々)適ひさうだが、そんなら焼き餃子にも適ふにちがひない。

 ところで気になるのは、我が親愛なる讀者諸嬢諸氏がどんな風に焼き餃子を満喫してをられるのかといふことである。濃厚淡泊とろりさらり辛め甘め酸み。私の知らないうまい食べ方があるのだらうと思ふと、悔しくて仕方がない。
[PR]
by vaxpops | 2016-07-26 07:00 | 飲食百景 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://zampablack.exblog.jp/tb/23332748
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 輪音 at 2016-07-29 21:08 x
実家の餃子。

挽き肉を握り潰し握り潰し、刻んだ韮をガンガン入れて、よく掻き混ぜるべし掻き混ぜるべし。
半円やら真円やらの皮に具を包み込み、焼くべし焼くべし。
出来上がったら、酢醤油と練り辛子で兎に角素早く食べるべし食べるべし。
翌日はオーブントースターで温めるべし温めるべし。

Commented by vaxpops at 2016-07-30 08:44
輪音さん。

 酢醤油に辛子は死角でした。
 これは紹興酒か焼酎が慾しくなりますね。
名前
URL
削除用パスワード