いんちきで、さらにマクガフィンだつた。

by 丸太花道@乳軟部

1984 たぬき

 何しろ暑い季節は食慾が丸で無いものだから素麺や豆腐が主食になる。併し食慾を感じなくても多少は食べなくちやあ躰が保たないので、ごく小さな工夫を考へざるを得ない。

 一ばん簡単なのは"たぬきやつこ"といふやつでただこれは工夫も何もない。要するに冷奴に天かすを振りかけるだけの話だから、阿房でも直ぐに用意出來る。敢て云へば醤油でなくぽん酢か濃縮の麺つゆを使ふくらゐだらうか。

 尤もこれだけだと藝も何もないので天かす以外に何かを乗せるのが宜しからう。たぬきではない冷奴に用ゐる浅葱や生姜、茗荷は似合ふが、削り節は例外のやうに思はれる。
d0207559_15073452.jpg
 豆腐自体を匙で粗く崩して温泉卵を加へるのも中々によい。手間を惜しまないひとなら梅干しを叩いたのを用意するのも方法だらう。削り節を欠かせないと思はれる向きにはこの時に混ぜればよい。これならおにぎりにも適ふ。

 野菜…面倒ならカット野菜でいい。たれからも文句は出ない筈だ…がここにあればしめたもので一食分には十分な量になる。
 そこにうがいた豚肉や鶏のささ身を蒸したのだつたり茄子や茗荷や大葉の素揚げだつたりを添へればこの時期のご馳走になるかも知れず、ここまで手を掛けるなら麺つゆよりサラド用のドレッシングの方がうまいだらうが、豆腐は簡便に食べるのを最良とする立場から見ると、本末転倒も甚だしいとも云へるか。

 "たぬきやつこ"の要諦はどうやら天かすの油くささを上手に抑へるところにあるらしく、そこに加へるもの次第で肴になればおかずにもなるのが面白い。さういへば"温奴"といふ冷奴を温め(湯豆腐のやうな熱さにはしない)、温めたぽん酢と削り節、生姜に浅葱でやつつける食べ方があつたのを思ひ出した。あれを"たぬきやつこ"仕立て…削り節の代りに大根おろしはどうか知ら…にすれば、ひやおろしに似合ひの肴になりさうな気がする。風が冷たくなつたら、試してみるとしようか。

[PR]
by vaxpops | 2016-08-22 07:00 | 飲食百景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://zampablack.exblog.jp/tb/23424524
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード