いんちきで、さらにマクガフィンだつた。

by 丸太花道@乳軟部

妙な果物

 アボカドどいふ果物は妙なもので、そのままではあまりうまいと思へない。併しまづいのかと云へばそんなこともなく、ひと手間が加はると途端にうまく感ぜられる。といふことはその手の掛け方がアボカドをうまく喰はせる要諦のやうに思はれるのだが、さてどんな手間が好ましいものか。

 よく耳にするのは山葵醤油で、これで食べると鮪に近しい味になるさうだが、それなら鮪を喰へばよいだけの話である。わざわざ手を掛けて紛ひものを食べる理由があるだらうか。何年か前に喰つたクリーム・チーズ和へは旨かつた記憶はあるが、もしかするとあれは柿だつたかも知れない。
d0207559_654361.jpg
 併し画像のアボカドは感心した。茗荷にサウザンアイラウド風のドレッシングにおそらく味つけぽん酢の組合せ。
 あまいのだかからいのだか、ねつちりしてゐるのだかしやきつとしてゐるのだか、判らないのだが、兎にも角にもうまかつた。
[PR]
by vaxpops | 2016-09-20 07:00 | 飲食百景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://zampablack.exblog.jp/tb/23500063
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード