いんちきで、さらにマクガフィンだつた。

by 丸太花道@乳軟部

再掲

 いつかどこかで書いたもの。

 どこにも残つてゐないけれど、記憶の中から再掲する。




煙草を、と彼女は云ふ。

僕はキャメルを差し出す。

火を点けてと彼女は云ふ。

僕はジッポを取り出す。

火がともる。

しづかに立ちのぼる、煙。




 語感は惡いし、言葉は調つてゐないし、全体にどうにもぼんやりしてゐるが、書いた時の気分が今も残り香のやうにあつて、推敲する気になれない。

 尤も記憶からの再掲でもあるから、元の形とは少し、異なつてゐるかも知れないけれど。

[PR]
by vaxpops | 2016-12-16 07:45 | 徒然諸々 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://zampablack.exblog.jp/tb/23722276
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jes22salud2 at 2016-12-16 20:58
紫煙揺れ

その唇の

懐かしき

かなっ?
Commented by vaxpops at 2016-12-19 08:21
乙女酒場さん。

 舞ひては消ゆる

 夜のまにまに
名前
URL
削除用パスワード