いんちきで、さらにマクガフィンだつた。

by 丸太花道@乳軟部

クリルタイ

d0207559_13244597.jpg

d0207559_13244658.jpg

d0207559_13244711.jpg

 上から順に生ハム(チーズ添へ)、大蒜の芽の肉巻き揚げ、鰤のお刺身。

 かういふ豪勢を満喫するのは当然、ニューナンブ≒マスケティアズのクリルタイであつて、この時期だから新酒が加はる。

 大笑ひと毒舌。
 眞面目な話題はあつたか知ら。

 まあそんなことはとうでもよく、兎にも角にもかうでなくちやあ、クリルタイではない。まつたくのところ、快い酒の夜なのであつた。
by vaxpops | 2016-12-17 13:30 | 飲食百景 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : https://zampablack.exblog.jp/tb/23724611
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by stonefree_01 at 2016-12-17 16:10
新酒が頂けるとは、良いタイミングでした。皆様のネクタイもなかなか素敵でしたよ(^^)
Commented by jes22salud2 at 2016-12-17 19:31
グリルタイと読んでしまつた。

タイ料理??とまでこないと気がつかなかった。

で、クリルタイって?
Commented by stonefree_01 at 2016-12-17 19:47
参加者がそれぞれ思い思いのネクタイをくるりと巻いて参加する宴のことです。お互いにネクタイのセンスを評し合い、大いに盛り上がる宴。中には興奮し刀を抜いてしまう侍もいたとか。鹿児島の指宿周辺で江戸の中期、寛政年間に始まったとされています。
Commented by vaxpops at 2016-12-19 08:30
"アラミス"頴娃君。

 まことに嬉しいタイミングでしたな。
 酒席はかうでなくてはなりません。
Commented by vaxpops at 2016-12-19 08:42
乙女酒場さん。

 ほぼ"アラミス"が書いてゐるとほりですが、原型はモンゴルらしいです。
 色とりどりの蒙古式組紐で武勇を誇つたさうで、元寇の頃に渡來したとか。
 派手好みの九州武士が大きに影響されたのだらうと思ひます。

 といふ大嘘はさておき、クリルタイと云ふのは。
名前
URL
削除用パスワード