いんちきで、さらにマクガフィンだつた。

by 丸太花道@乳軟部

28

 28ミリの画角は、私より上の世代にとつてどうも、超広角…或は"特殊な"レンズの範疇に入つてゐたらしい。らしいといふのは、それを知らないからで、初めて買つた広角レンズは24ミリだつた。シグマのF2.8で、EOS1000で使つた。確か15センチまで寄れた、そこに惹かれた筈だ。シグマには当時から28ミリF1.8といふ大口径レンズがあつたが、その明るさより寄れる方が魅力的に思へたのは、今に續く好みが既に顕れてゐたのか知ら。

 併しその24ミリはまことに使ひにくかつた。簡単に云つて画角の広さを持て余したわけで、それまでに経験のあつた画角が35ミリだつたから、すりやあ持て余しもするだらうさ。今もう一ぺん使つてみたい気もしなくはないが、それはそれといふことで。

 24ミリは広すぎる。広角の基本は矢張り28ミリにちがひない。とその時に思つたかどうか、記憶は甚だ曖昧で、多分さういふことは考へなかつただらう。28ミリ単焦点を初めて使つたのは何年も後だつたし、それはニコン28TIといふコンパクトカメラだつたから。いやもしかするとニコンミニだつたかも知れない。我ながらいい加減なものだが、近い時期にコンタックスTとかコニカヘキサー、オリンパスμ、リコーGR1vや同R1sを買つた記憶もあつて、詰りコンパクトカメラに夢中だつたらしい。

 今になつて思ふのは、そのコンパクトカメラ漬けは決して惡い志向ではなかつた。幾つかの理由が漠然と浮んでくるが。漠然なのでここでは
「(見方によつては)単機能のカメラに馴染めたのが、結果論的によかつたのだらう」
といふ点以上は触れない。それで上に挙げた機種はすべて、28ミリから35ミリの単焦点レンズを備へてあつた。要するにそれくらゐの画角が使ひ易いといふことだらう。常に注意深く撮るなら、50ミリから60ミリ辺りがいいのだが、常に注意深くゐられるわけもないし、ちつと緩い視点を得られる画角に落ち着いたのだなと推測が成り立つ。

 併し私が28ミリの画角に馴染んだと云へるのは随分あとで、リコーのGRデジタルIIだつた。デジタルカメラだから背面に液晶があつて、それが画角の把握に役立つたのだらう。ファインダーの大きさがもしかして、関係するのか知ら。さう云へば21ミリの画角の使ひ方も、そのコンバージョンレンズで學んだ記憶がある。
d0207559_8361734.jpg
 GRデジタルIIでの28ミリは余程、私の目に馴染んだらしい。シグマ24ミリで遠去けた"一眼レフで使ふ広角レンズ"に手を出したのは更にその後だから、えらく時間が掛つたことになる。居直れば時間を掛けて馴染めた…詰り今は實に使ひ易い…とも云へて、遊女を連想出來なくもないが、この譬へ、ちよいと不適切か知ら。
 その28ミリが画像のそれで、珍しくも何ともない。精々が数千円だらう。これはKバヨネット・マウントだが、この程度なら他のマウントだつて幾らもある。それだけ設計がこなれ、作るのにも無理がないと考へていい。無理がないのだから描冩だつて、うるさ方は知らず、私程度の目には何の問題も感じられない。なので最近、改めてかういふ地味な28ミリをつけたデジタルカメラが慾しいなと思ふのだが、意外なほどに見当らない。
[PR]
by vaxpops | 2017-06-12 08:45 | 徒然諸々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://zampablack.exblog.jp/tb/24428437
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード