いんちきで、さらにマクガフィンだつた。

by 丸太花道@乳軟部

どんな顔つきで

 山形のだしといふ、さてこれをどう分類すればよいか、胡瓜だの生姜だのを細かく刻んで、粘りを持たせた食べものがある。振りかけのお漬物版と呼ぶのが近いか知ら。
 ごはんに乗せてうまい。素麺のつゆに入れてうまいし、冷たく〆た饂飩に混ぜるのもうまい。蕎麦や中華麺はどうだらう。面倒ならそのまま肴乃至つまみにしても勿論うまい。この場合、匙でちよつとづつ、掬ふのが宜しからう。塩がはつきり感じられる分、食べすぎに留意は必要だけれど。
 画像をご覧頂けばお判りのとほり、中でも私が最も好むのは、冷や奴に乗せる食べ方で、味つけぽん酢を加へる。この時はちつと加減をまちがへたから刻み葱を足した。かういふ誤魔化しも愉快のひとつでせう。

d0207559_78384.jpg
 ところで山形人に知合ひがゐないから、大変に不思議なのだが、實際あの土地では、かういふ漬物の変種を作つてゐるのだらうか。保存食を使ふ上での応用なのか知ら。

 山形には鰰があり、初孫といふうまい銘柄があり、何より尊敬する丸谷才一先生を生んだ土地だから一ぺん訪れて、存分に呑み喰ひを愉しみたいのだが、どんな顔をして註文すればいいのか、見当がつかない。
by vaxpops | 2017-07-26 07:15 | 飲食百景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://zampablack.exblog.jp/tb/25063491
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード