いんちきで、さらにマクガフィンだつた。

by 丸太花道@乳軟部

俗に云ふ赤提燈

呑めるのは麦酒、焼酎、ホッピーにお酒。
ちよいと気が利いて泡盛や濁り酒。
葡萄酒をかろく、引つ掛けるのは六づかしい。

"熱心な愛好家"の為の特殊な酒精扱ひなのだらうか。
醸造家は"もつと気軽に樂しんでもらひたい"と云つてゐるらしいけれど。
惡マニヤが産地だの葡萄の種類だのヴィンテージだの、八釜しい所為か知ら。

併し國産の廉な、それで美味い葡萄酒は幾らでもある。
輸入ものだつて南米産は存外に廉い。
偶さかさういふのを呑むと、得をしたなあと思へるもの。
d0207559_08455690.jpg
考へるに、つまみが宜しくないのだな。
やれ佛蘭西のチーズだ、西班牙のハムだと云はれたら、うんざりする。
葡萄酒は食事酒だもの、さういふ呑み方をしなくちやあ。

臓物の煮込み、ポテトサラド、牡蠣フライ、干物にお漬物辺りは問題なく適ふ。
俗に云ふ赤提燈で葡萄酒を見かけたら、一ぱいだけ、試してみ玉へ。
なーに、出かけるのが面倒なら、マーケットで廉価な一本を買へば済む。

by vaxpops | 2017-08-01 10:00 | 徒然諸々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://zampablack.exblog.jp/tb/25139627
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード