いんちきで、さらにマクガフィンだつた。

by 丸太花道@乳軟部

反省

 葡萄酒を呑み、肉を喰へる簡単な酒場といふのは、探すと案外に見当らない。
 たとへば画像のやうな。
 お店の名前は失念したが、ここは鐵板があつて、かういふ小さなステイクを出してくれた。
 料理の具合ひを見るのも愉しかつたし、かういふのを口に運びながら呑む葡萄酒も旨いものだつたが、いつの間にか取り払はれ、同じ看板でモヒートを賣りにする別の店になつて仕舞つた。

 記憶は定かではないが、この夜は二はいの葡萄酒とあはせて、3,000円とかその程度だつた。
 かういふお店が長くやつてゆけないのは、大袈裟に云へば、本邦の呑み助が未だ、その程度といふ證しでもあつて、我われは大きに反省しなくてはならない。

d0207559_07222671.jpg

by vaxpops | 2017-08-06 08:00 | 飲食百景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://zampablack.exblog.jp/tb/25203449
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード