いんちきで、さらにマクガフィンだつた。

by 丸太花道@乳軟部

<   2016年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

1762 干す

d0207559_07293964.jpg
 干したら、食べる。

 食べるなら、呑む。

 得心のゆく、流れ。

[PR]
by vaxpops | 2016-01-21 07:45 | ニューナンブ | Trackback | Comments(2)

1761 お茶請け

d0207559_07393061.jpg
 さ。
 帰つたら、焙じ茶を淹れませうね。

[PR]
by vaxpops | 2016-01-20 07:45 | ニューナンブ | Trackback | Comments(0)

1760 切り子

 硝子の酒器には目を瞑つてゐた。

 私のやうな野蛮人にはどうも、繊細すぎさうに思へたからである。また概して厚めの口当りが好みに適ふ事情も、一応は含めてもいいのではないか。一応と云ふのは、葡萄酒やカクテルの場合、酒器の存在感は薄い方が望ましいからで、野蛮ではあつても茶わんでギムレットを呑まうとするほど、品下れてはゐない積りでゐる。
d0207559_714337.jpg
 然し幾ら目を瞑つても硝子の酒器を無視出來るわけでなく、こまやかな細工の施されたグラスを目にすると、ああ云ふので一ぱいやつつけると気分がちがふのだらうなとも思ふ。以前、薩摩切り子のちろりと猪口の組合せを見た事があつて(本來ちろりはお燗に用ゐるのだが)、涼やかな碧が實に快かつた。焼酎のうまさが際立つだらうなあ。
 と云ふ事を考へてゐたら、切り子の酒器がやつてきた。いややつてきたと書くのは誤りで、頂いたのである。ご迷惑になるといけないので、名前を挙げるのは差し控へるとして、酒器に限らず、食器全般の撰び方が非常に巧い方でこれもまた例外ではない。花はまつたく無知だから何が彫られてゐるかは判りかねる(燕子花か知ら)が、さはやかな酒器と呼んでいい。

 ひと先づ麦酒を注いでみると、惡くない。惡くはないが、ちよいと野暮つたい気もされる。赤葡萄酒はどうだらう。それともひと欠片の氷に焼酎か。となると肴が問題になつてきて、切り子は中々悩ましい酒器なのである。
[PR]
by vaxpops | 2016-01-19 07:15 | 徒然諸々 | Trackback | Comments(4)

1759 せまいところ(終)

d0207559_08323631.jpg
 儂がうつかり宿酔ふのも、みんな路地が惡いんや!
[PR]
by vaxpops | 2016-01-18 08:45 | ニューナンブ | Trackback | Comments(2)

1758 せまいところ(續)

d0207559_17352825.jpg
 訴へたい事は理解出來なくもない。

 まあ。

 然し"ふくらはぎセラピスト"の肩書きを持つてゐるのは多分、片手で足りる程度の数なんぢやあないかとも思はれる。

[PR]
by vaxpops | 2016-01-17 17:45 | ニューナンブ | Trackback | Comments(2)

1757 せまいところ

d0207559_17041096.jpg
 暖簾から見て、屋号は山長なのだらうと思ふ。

 削り鰹の販売とは、まことに狭いところを狙つた商ひではなからうか。

[PR]
by vaxpops | 2016-01-16 17:15 | ニューナンブ | Trackback | Comments(0)

1756 蕎麦の前には

 どうも最近、惡い癖を仕込まれて、お蕎麦の前にちよつとした肴で一ぱい呑るようになつた。勿論主役はお蕎麦だから、呑んでも精々二合までで、これくらゐならお天道さまも許して下さるだらう。
d0207559_15195660.jpg
d0207559_15195746.jpg
 たとへば午后おそく、お豆腐を肴に…村田藏六が好んだ組合せださうな。貧なのか粋なのか…呑んでゐると、意外なほど、さう云ふひとが目に入る。板わさや玉子焼き、鴨焼なんぞでちびちび呑つて、それが様になつてゐる。年期のちがひなのだらうなあ。

 もうちつと齢を喰つたら、灰色の背広、磨いた革靴にループタイで、近所の蕎麦屋の暖簾をくぐるなんてやつてみたいのだが、残念な事に近所の蕎麦屋には板わさも玉子焼きも鴨焼も無い。お蕎麦の前の一ぱいを教へて呉れた知人に相談してみようか知ら。
[PR]
by vaxpops | 2016-01-15 15:30 | 飲食百景 | Trackback | Comments(4)

1755 冬空の

d0207559_07520086.jpg
 雲の下の。

 歩く人びと。

 ふたりづつ。

[PR]
by vaxpops | 2016-01-14 08:00 | ニューナンブ | Trackback | Comments(0)

1754 港の親子

d0207559_16501700.jpg
 絵になるなあと思はせたのは、港か、親子か。
[PR]
by vaxpops | 2016-01-13 17:00 | ニューナンブ | Trackback | Comments(0)

1753 オムレツで呑む

 尊敬する丸谷才一先生が随筆で、ある洋食やでオムレツを肴に呑むのを勧められたと書いてゐる。お酒か葡萄酒(白)で、この場合だとデミグラス・ソースは使はない。醤油か塩で食べるのださうで、何だか食慾を刺激されたのを覚えてゐる。
d0207559_11545828.jpg
 それでオムレツを肴に呑んでみた。

 丸谷先生が通つた洒落のきく洋食やではなく、小さな立ち呑み屋だから、ケチャップとホワイト・ソースがかけられ、中にはチーズが隠されてもゐる。お酒でも葡萄酒でもなく、そのお店で“金魚”と呼んでゐる焼酎の割りもので。些か品下れる組合せにも思へたが、野暮の恰好よさを感ぜられなくもない。
[PR]
by vaxpops | 2016-01-12 12:00 | 飲食百景 | Trackback | Comments(0)